FC2ブログ

『県民バズごはん』。ちょうどお盆休みに入る直前に図書館で借りることができました。

IMG_0728.jpg

この本は、ずいぶん前に『記憶のーと』のkarioさんがご紹介されていて、その記事を読んで、すぐに予約を入れた本です。

48都道府県の郷土料理が紹介されている本なのですが、興味を持った大きなきっかけは、karioさんが作られていた大阪の「うどん餃子」です。「うどん餃子」って何 一応、大阪府民なのに聞いたことない でも、むっちゃ気になる~。

大阪で紹介されていたのは、「うどん餃子」と「肉吸い」でした。「肉吸い」は知っています。もしかしたら、新旧というか、昔からあるものと、比較的新しいものが紹介されているのかな。
なぜなら、わたしが住んでいたことのある石川県で紹介されているのが、「TKGY(卵かけごはん焼き)」と「治部煮」。卵かけごはん焼きは聞いたことないけど、治部煮は高校の家庭科で作りました。父の転勤で引っ越して割とすぐの頃で、治部煮を初めて知ったので、印象が強く残っています。

大阪(高槻)うどん餃子
大阪:うどん餃子

ちょっと雑 脂質を気にして、豚挽肉を鶏挽肉に変えたりしましたが、すっごく美味しかったです。
うどんを短く切って、餃子の具と一緒に混ぜて焼くだけ。ポン酢でいただきました。あまりにも簡単かつ美味しかったので、定番メニューになりそうです。お好み焼きのように丸くひとかたまりで焼いてもいいかも。

富山のおすわい
富山:おすわい

これも簡単。大根と人参と薄揚げをポン酢と砂糖で和えるだけ。石川のお隣、富山の郷土料理とのことですが、これも知らなかったなぁ。常備菜にちょうどいいです。

栃木のニラ蕎麦
栃木:ニラ蕎麦

お蕎麦とニラを一緒に茹でるだけ。

今のところ作ったのは混ぜるだけとか、茹でるだけとか
でも、本に載っている写真を見ているだけでも、楽しかったです。旅行に行くのは難しい今日この頃なわけですが、本と食を通して、ちょっとだけ旅気分を味わえました。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

読書は子どもの頃から好きだったのですが、案外、有名どころが抜けています。
かの有名なジェーン・オースティンの『高慢と偏見』も恥ずかしながら未読。この小説は色んな映画や小説に引用されたりもしますから、読みたいなぁとは思っているのですが、図書館本は古過ぎて…。

ちょうど先週、シネフィルWOWOWで1995年イギリス制作でコリン・ファース主演のドラマ『高慢と偏見』(全6話)をやっていることに気付いて録画。本より先にドラマと、横着しました。

もう、ダーシーとエリザベスの名前が出てきても、バッチリです
(でも、余計に本で読みたくなりました…。)

なんせストーリーを知らないので、ダーシーとエリザベスは結局どうなるの?、ビングリーとジェーンは?と、ドキドキハラハラでむっちゃ楽しめました。

高慢さや偏見が仇となり、結局上手くいかないのかしら?と思ったら、さすがジェーン・オースティン。これはメロドラマというだけでなく、人間が傷つき、傷つけて、成長していくという物語だったのですね

働いてはいけない(軽蔑される)田舎の地主の生活ぶりは、働きたくないわたしにとっては憧れの暮らしにみえました。
こんなこと言うと、バリバリ自立して生きている人たちや、自由を勝ち取るために戦った多くの女性たちに怒られそうですが…。

ファミリーマートのスイーツ。アフタヌーンティーとのコラボだそうです。
IMG_07411.jpg

IMG_07433.jpg

袋を開けた途端、オレンジの香りがふんわりと漂いました。
シフォンケーキがフワフワで、とっても美味しかったです

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

エコバッグの中がコロナ菌で汚染され云々というニュースを知ってから、エコバッグを使った日は裏返してベランダで紫外線に当てるようにしていました。
で、一晩干しっぱなしにしていた昨日、取り込んでリビングを歩きながら、裏返していたのを元通りにひっくり返そうとしたら
ボトッ。
え、何?と思って下を見たら、セミが

ぎゃーーー!

リビングを飛び出し、廊下に逃げたものの。どうしよう~。
独り身の辛さ(不便さ)を痛感するのは、まさにこういう時です。

しばらく、転がる黒い物体を恐る恐る伺っていました。今は動いていないけれど、お互いショック状態なだけかもしれない…。万一、飛んだら~、と考えると、今、早急に対処するしかない
次は雑巾行きの古い布地入れから、大きなタオルを取り出し、投げるように、セミ(なんだか異常に黒々と大きく見える)にかけ、そっと近づいて、ビクビクしながら周囲から包んでいき、ビニール袋に入れて、きっちり口を留めました。

ほっとしたものの、確実にこの中にいるのか、見ていないからわからない…。
もしかして、ほんの一瞬、目を離した隙に、このタオルの下から逃れていたらどうしよう~と、部屋のあちこちを確認

大丈夫なようでした…。
どう考えても、わたしの方が巨大で、セミにしてみたら、わたしの方が怖いはず。なのに、なんで、毒虫でもないセミをこれほどまでに恐れるのか。
冷静に考えようとするのですが、でも、やーっぱり、セミだけでなく虫は怖い
なんでなの??? 虫が全然、平気な人になりたいです。

そんな、恐怖と戦った日のご褒美

ジューシーピーチフラペチーノ
IMG_07399.jpg

ほどよい酸味とピーチのプチプチ感がとっても美味しかったです

初めてスタバのモバイルオーダー&ペイを使ってみました。
ウチからオーダーしたら(すぐに出られる準備はしていた)、5~10分後に受取りできます、とのことで、自転車に飛び乗って、大急ぎで向かったら、もう出来ていました。
時間指定が出来ないので、ちょっと慌てますが、でも注文するために並ばなくてもいいので、とっても便利でした。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

蒲生4丁目の『Pizzeria e Trattoria Scuore スクオーレ』で、ピザとパスタをテイクアウトしました。

ロマーナ(アンチョビマルゲリータ) 1,500円
IMG_07355.jpg

アンチョビがたっぷり入っていて、塩気が効いていて、とっても美味しいです
生地もモチモチしていて、とても香ばしいです。

佐賀牛の煮込みソース ショートパスタ 1,800円
IMG_07388.jpg

変わった形のショートパスタでした。牛肉がゴロゴロ入っていて食べごたえがあります。
トマトとバジルがちょうどいい案配でした。

和豚スネ肉のトマトソース ショートパスタ 1,600円
IMG_07366.jpg

こちらは、白ワインと一緒に晩ごはんでいただきました。
時間が経っても(レンチンしました)、パスタにしっかりコシがあり、スネ肉も噛めば噛むほど味が出るという感じで、とっても美味しかったです

ピザもパスタもとっても美味しかったので、次回は前菜の盛り合わせも注文してみようと思います。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

アマゾンの菌類と人類の戦いを描いたSFミステリを読みました。

IMG_0720.jpg

主人公の「ぼく」ニール・ジョーンズのキャラクターがツボでした。
父親がかつて勤めていたNSAに入局するのが夢だったニール。入局の面接試験を受けることになるのですが、もうドタバタコメディ状態で、思わず吹き出すこと多々。会社の静かな昼休みに読んでいたので、恥ずかしかったです

ニールの兄、ポールは菌類学者。アマゾンの奥地で1人、多くの菌類を採取し、アメリカに戻る途中のアマゾン川で乗った観光船が襲撃に合い、やっとのことで帰国しますが、何かの菌に冒されていることがわかります。
重篤な咳と熱。それが落ち着いた後、ポールの様子に違和感を感じるニール。

NSAでは、その頃、これまでの暗号解読法のどれにも当てはまらない不思議な通信を多々受信していました。無事、入局することになったニールはその暗号解読に取り組みます。そのうち、それがアマゾンのある部族の言語であることに気付くニール。
アマゾンで何かが起こっている…。

「SF」はあまり読むことがないのですが、この小説は家族の物語でもありました。元NSA局員の父親は今はアルツハイマー病でニールのこともよくわからない状態です。自分がNSAに入局したことを喜んで欲しいと思うのですが、それを伝えてもきっと父にはわからない…。
父のお気に入りだった兄のポールは不可解な行動を取り続け、ニールは仕事と家族の狭間で大忙し 

ニールと一緒にクタクタになりますが、一気読みしました。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村