fc2ブログ

きっかけは…。

「合格して終わり」のはずだった取得後のある資格が、経営事項審査改正で、5年更新に変わったことです。
5年以上前に取っている人たちのために、猶予期間が設けられていて、来年の3月までに受講&試験(合格しないとダメ)を終わらせれば、その後も資格は審査に活用されるとのこと。

残り2年だから、正直別にどうでもいいんだよなぁと思いかけたのですが…。
勤め先が補助金を出してくれる事務系資格一覧を眺めていて、ふと、残り2年で、取れるだけ取るというのもありかも?と。
最初は小さな小さな考えがポッと生まれたくらいだったのが、だんだん、ホントにありだな!になり。

コロナ以来、自分の中の旅行熱もいまいち、高まらない。
なので、資格取得にエネルギーを向けてみよう!

ところが、ところが、わたしには一人暮らしなのに、ウチで勉強ができないという大きな弱点があります
誘惑に弱すぎるのですーーー

録画のドラマを1話だけ観てからとか、本を1章だけ読んでから。はたまた、家計簿をつけてから、血圧測ってから、床拭いてから…。
普段やっていないことにまで手を出して、寄り道を無限に広めてしまう…。


なので、わたしの資格勉強には、もれなくチェーンのカフェなどがついて来ます
個人の小さなカフェに2時間も居座ったら迷惑ですもの。
そこで、最近の勉強部屋。

ロイヤルホスト
IMG_3066_convert_20220923132831.jpg

ミスタードーナツ
IMG_3067_convert_20220923132842.jpg

サンマルクカフェ
IMG_3075.jpg

イオンのフードコートや、マクドナルド、コメダ、スタバも、勉強部屋です。


こちらは、勉強セットを入れるトートバッグ。
IMG_3068_convert_20220923132900.jpg

ダイソーで300円でした
びっくりしました、何でもありますね。
会社でお財布やケータイを入れるバッグは、いつも雑貨屋さんなどで、千円くらいのものを買っていたのですが、100円で十分なものがたくさんありました。
知らなかったなぁ。


しばらく、勉強から遠ざかっていたので、「勉強する」というリズムができるまで、ブログは今まで以上の超不定期更新になるかと思います。
また、いただいたコメントの返信がむちゃくちゃ遅れたりすると、こちらがシュンとなるので、コメント欄はいったん閉じさせていただきます。ごめんなさい。
コメント欄で仲良くしていただいている皆さまのところには、これからも引き続きこちらからお邪魔させていただきます

なんだかんだ言って、とっても飽きっぽいので、早々にやーめたってなるかもですけど、今は頑張る気まんまんです!


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ここ最近、怒濤のように図書館の予約本が届き、読書記録を書く余裕がなく…。
今もまだその勢いが続いていて、今日も2冊予約本のお知らせが届きました。
手元にも、まだ2冊の本があるのですが…。

ということで、ほぼタイトルの羅列です。


『タラント』角田光代

東京オリンピック開催に合わせて、読売新聞に掲載された連載小説とのこと。

学生時代、発展途上国の子どもたちのためのボランティア活動に興味を持ち、熱心に運動をしていた主人公のみのり。
40代のみのりは今では全く気力をなくしており…。

少しずつ過去が語られ、みのりが自信を失っていった理由を読者も理解します。
義足の祖父、不登校の甥、危険な地域で取材を続けるジャーナリストの親友…。

この時期、多くの作家さんにオリンピックを題材にした小説の依頼があったかと思います。
角田さんのこちらも、プロパガンダ小説の1つかな。


『奇跡集』小野寺史宜

同じ電車の車両に偶然乗り合わせた乗客たち、それぞれに起こった奇跡の物語。

普段、電車の車内で、いろいろ空想したりする。
それを小説にした感じ。


『名探偵と海の悪魔』スチュアート・タートン

読み応えのあるミステリーでした。
17世紀、インドネシアからオランダに向かう帆船が舞台のミステリー。

船の中で起こる奇怪な事件。
囚人として乗船中の著名な名探偵は地下牢に閉じ込められていて…。
知性と個性を隠さなくては生きて行けなかった時代の女性が、航海中の船の中で、犯人探しに知性全開!


『マカロンはマカロン』近藤史恵

下町の小さなフレンチビストロでの、そして、小さな謎解き。
お客さまのちょっとした行動や発言から、三舟シェフが謎を解く短編集。

美味しそうなお料理が登場。
近所に欲しいビストロ。
思わず自宅近辺で「ビストロ」検索しました
ウチの近辺には、こういう小洒落たお店がないんですよねー。


『幽霊絵師火狂 筆のみが知る』近藤史恵

料亭の一人娘、真阿(まあ)と、居候の幽霊絵師「火狂」(かきょう)の謎解き物語。
絵に込められた思いや、怨念を、夢で感じる真阿。


『大阪キタと中之島 歴史の現場 読み歩き』松井宏員

普段、自転車で行ったり来たりしている場所の、「へー、知らなかった」というお話。
とても面白かったのですが、今はすでにうろ覚えです。


この時期、絶対に食べたくなるのがマクドナルドの月見バーガー
IMG_3062_convert_20220917211306.jpg

CMを見ると、おー、今年もこの季節ですかという。
今や、わたしの年中行事の1つ

久しぶりに食べたマクドナルドのポテトは、パンチの効いた塩味で!
あれ、最近のわたしの食生活、薄味だったのかなぁ??


そして、こちらも季節もの。
コメダの季節限定、洋梨ジャム。
IMG_3049_convert_20220917212247.jpg

IMG_3050_convert_20220917212259.jpg

美味しかったけど、まさかのゆでたまごと同列とは。
普段、塗ってくれるいちごジャムかバターの並びかと思ってましたよー。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっと朝晩は涼しくなって、エアコンなしで眠れるようになり、窓を開けていても、朝、セミの鳴き声に起こされることもなくなりました。
日中は暑いけれど、秋に入ったのかなぁと、少しホッとします

昨日の夜は、とってもきれいな中秋のお月さまを愛でることもできました。

IMG_3052_convert_20220911194339.jpg

今日の十六夜もとっても美しい…

と、秋の気配を感じ始めたところなのですが。
昨日、美容院に行ったら。

「もう、年末の予定が埋まり始めていて…。皆さん、年越しはやっぱりキレイにして迎えたいようで。予約どうされますか?」

えっ!? 年末??
そういえば、去年は12月の予約が取れなかったんだったと思い出しました。

そっかー。暮らしによっては、年越しに久しぶりにご挨拶に伺うような予定がある人たちもいるから、きちんとして迎えたいですよね。
それを年頭念頭において、今から準備をされているんだー。

そういえば、郵便受けにお節料理のチラシも入るようになりました。

年越しにキレイにしなくてはいけない理由はないのですが、カラーリングやカットなど、やっぱり自分なりに整えておきたいサイクルがあるので、11月と12月の2回分の予約を入れておきました。

いつもは、次回の予約だけして帰るのですが、なんと!すでに10月の予約もいっぱいで、仕方なく11月…。

お世話になっている美容師さんは、現在、鋭意育児中
なので、日月が定休日で、平日も17時まで。
わたしが行けるのは土曜日だけ。
多分、土曜日にしか行けない人たちで、土曜争奪戦になっているような

不便といえば不便なのですが、わたしは生活に合わせた働き方をとても大事に思っているので、彼女の働き方を尊重しています。
なんか、尊重とか言うと、エラそー。
でも、お客さんがいなくなってしまうかもしれないのに、それを恐れずに、こういうやり方を選ぶって、勇気がいるんじゃないかなー。

仕事より、自分や自分の大切な人を一番大事にする姿勢に、ちょっと勇気づけられたりもします。


スタバも秋メニュー。
紅玉のカスタードアップルパイ
IMG_3059_convert_20220911194404.jpg

IMG_3057_convert_20220911194353.jpg

温めてもらったので、シナモンの香りの良いこと!
読書しながらゆっくり食べるつもりが、パクパクと夢中で食べてしまいました。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

国際結婚をして外国で暮らしているいとこが7年ぶりに日本に帰って来ました。
これまで、3~4年に1回は帰っていたかと思うのですが、ちょうどコロナと重なって、なかなか帰れず、この夏にやっと帰国が実現。

そのいとこから通天閣に行こうよ!とお誘いがあり、いとこ姉妹と一緒に出かけて来ました。
わたしもホントに久しぶりの新世界です。
前に行ったのは20代の頃だと思うので、30数年ぶり

通天閣が見えて来ました。
001_20220910171833805.jpg

近くにあるハルカスとはまた違った存在感!
002_20220910171835efa.jpg

展望台 900円 天望パラダイス 300円
003_convert_20220910171531.jpg

まずは入場口のある2階まで、エレベーターで。
004_convert_20220910171548.jpg

エレベーターも可愛くなってる。

005_convert_20220910171559.jpg

エレベーターを降りると、こんな懐かしい電車の車内風景が。
少しずつワクワクして来ます。

ここで半券を渡して、いよいよ展望台へ。
006_20220910171838f1c.jpg

エレベーターの天井に浮かび上がるビリケンさん
昔、乗った時は、エレベーターも古くて、ゴトゴト揺れて、今にも落下するんじゃないかと、ドキドキした記憶があります。

新しいエレベーターは、ちょっとエンターテインメント性もあり、楽しめます。

展望台の金ぴかのビリケンさん。
007_20220910171837c1a.jpg

金ぴか度合いが、以前よりも上品になったような。

ここでグルッと一周。結構、視界良好で、遠くの方までよく見えます。

そして…。ここからさらに階段を上がって行くのが、天望パラダイス。
天望パラダイスは屋外なんです!!
柵はあるけど、1人が通れる幅くらいの通路がグルッとあるだけ。
気のせいか、揺れているような気がする…。

もちろん、わたしには写真を撮るような余裕はありません

そのグルッと通路から、さらに外に突き出しているのが、跳ね出し展望台「TIP THE TSUTENKAKU」。
先端はガラスになっていて、通常の人には大人気…。

008_20220910171840d7c.jpg

次々と写真を撮る人が並んでいるので、人がいない状態を撮ることができず。
なので、お見苦しいものが写っていますが、そこは流していただいて、雰囲気を感じていただければと思います。

わたしは、途中から這って行き、薄目でちょっと下を見ようとしたところ、気を失いそうになりました

いとこ姉妹は、片足立ちや外向きになってましたけど。
小さい子どもは先端でぴょんぴょん跳んだりもしてました。

あ、もし、これから行く人がいるとしたら。
この天望パラダイスは2層になっていて、もし、おひとりでなければ、写真は上の階から撮った方が臨場感が伝わる写真になります。

残念ながら、わたしにはそんな余裕はなかったので、いとこ姉妹がかわりばんこに上がって戻って、また上がってって、やってくれました。
(その努力に報いるために、わたしまで這って行くはめに…。)

展望台を満喫した後は、エレベーターで3階まで降りて。
009_20220910171840662.jpg

010_20220910171843527.jpg

このフロアでは、新世界や通天閣の歴史を知ることが出来ます。
ジオラマやフィルム映像もありました。
このフロアも思っていた以上に、楽しめます。
いとこ姉(ふだん外国の方)が、写真撮られ好きなので、すぐに撮影タイムに
いとこ妹は専属カメラマンのようでした。
日本でたくさん思い出作りたいんだーって。

通天閣を満喫した後は、街をブラブラ。
浮浪者さんも全然いなくなり、不思議な露天もなくなっていて、すごくキレイな街になっていました。

ジャンジャン横町
011_20220910171843728.jpg

ジャンジャン横町にある、レトロなお店に行くのを楽しみにしていたのですが、なんと定休日でした!
この日は木曜日だったのですが、新世界って木曜定休のお店が多いようで、リサーチ不足!
なんか調べてみようとも思い付かなかったなー。ホントに残念。

ただ、またもや、ここで気付いた重要事項が、新世界って喫煙OKのお店が多いのです。
飲食店は禁煙というのが当たり前になっていたので、これも想定外でした。

いとこ妹が、ここは、おっちゃんたちの憩いの街やからなぁ、と。
たしかに。一服してコーヒー飲んでって言う世界でした。

なので。
禁煙の串カツ屋さんで、やっと休憩。
012_20220910171846565.jpg

ここからは、久しぶりに集まった親戚トークに突入。
飲んで食べての居酒屋状態に。

いやー、それにしても、いとこ姉が言い出さなかったら行っていなかったと思う新世界。
想像以上に楽しかったです

は、いとこ妹がくれた足用のクリーム。
013_20220910171846d58.jpg

ガサガサになった、かかとにすごく効果的だそうです!
なんで、わたしのかかとがガサガサと知っているの??
もらったその夜からお風呂上がりに使っていますが、たしかにちょっとツルッてしてきたような。


スリリングな体験をして、いっぱい喋って、想像していた以上に、とても楽しい1日になりました
いとこ姉妹から、翌朝、昨日の疲れが残っているから今日はゆっくりする~とメッセージがありました。
悲しいかな、会社員のわたしは、5時起き、お弁当を作り、重い身体を引きずって、出勤しました。
でも、同じ部署の後輩が、お土産のビリケンさんのお煎餅を喜んでくれたから、まあまあ疲れも吹き飛びましたけど


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

愛犬と一緒に出勤できるなんて
すごい!
我が身と照らし合わせて考えると、どこの国のお話?って。

わたしが見たのは、新聞記事で。
富士通が川崎だったかな、一部の支店で、始めているそうです。
まずは小型犬からスタートして、様子を見つつ、大型犬、猫に広げる計画とか。
他にも始めている企業があるそうです。

ほぼ社員全員がテレワーク中の企業では、社員間のコミュニケーションを図るという役割も担っているのだとか。

いいなぁ、大企業…。
わたしの知人、友人も大企業に勤めている人ほど、完全テレワークです。
東京から地元の実家に戻った友人もいるくらい。

わたしが勤める会社も親会社は「完全」ではないけど、週2日はテレワーク可です。
ただ、これはコロナ以前からでした…。

ということは、コロナでテレワークが普及したわけではなくて、コロナ前から格差はすでにあったのですね…。
未来を見据えている会社と、目先のことで手一杯の会社と。

ウチの会社はできるのに、しない、させたくない、というのが今の社長の意志。
目先のことで手一杯企業だ
今のわたしたちは従っているけど、若い世代には辞めていく人も出て来ています…。

もし、自分がこれから就職するとしたら、テレワークの可不可は選択肢に必ず入ってくると思います。
わたしは後2年で辞めるから、おそらくそれまでは会社も保っていると思うのですが、5年後、10年後はどうなるのかなぁ。

新入社員を含めた若手社員が不憫に見えて仕方がないのは、取り越し苦労でしょうか…。
そうならいいのですが。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村