FC2ブログ

西国巡礼 第二十五番 御獄山 播州清水寺

花山院バス停11時18分発に乗り、11時35分にJR三田駅に戻って来ました。
ここで二つの選択肢が。
三田でお昼ご飯を食べてから12時半の電車で相野駅に向かうか、12時の電車に乗って相野駅に早目に到着しておくか。
相野駅から播州清水寺に行くバスは1日2本、12時50分発が最終です。

悩んだけれど、万一「JRが遅れる」「不測の事態で電車が止まる」に巻き込まれたら、バスに間に合いません。
ということは、もう一度、ここまで来なくては行けなくなります。
心配性のわたしは、やっぱり早目に出発を選択。三田のコンビニでおにぎりを購入。
三田駅12時発、相野駅12時11分に到着。でも、バスは12時50分。

駅の待合所でおにぎりを食べました。
結論から言うと、12時半の電車でも全然余裕だったと思います。次回(もし次回があれば)は三田でランチを取って、もうちょっとのんびり移動します。

神姫バス、相野12時50分発、播州清水寺13時36分着。
終点まで乗っていたのは4人でした。
バスの車内でバス乗車賃プラス入山料500円を請求されます。乗車賃はICカードでも支払いOKでしたが、入山料は現金でした。
帰りのバスは14時50分です。
このバスを万一逃すと徒歩で下山しなくてはいけません なんか焦る~。

024_20190422200951be2.jpg

025_20190422200952feb.jpg

本堂(大講堂)
028_2019042220095477b.jpg

056_2019042220101371e.jpg

薬師堂
029_201904222009557ac.jpg

030_20190422200957348.jpg

薬師堂の中には奈良のキャラクター「せんとくん」の作者・藪内佐斗司氏の十二神将像。
ちょっと異空間な感じ。写真撮影OKが強調されていました

031_20190422200958e6b.jpg

鐘楼(開運の鐘)
032_20190422201000af5.jpg

「開運の鐘」とのことなので、思い切り撞いてきました

根本中堂
033_201904222010023a7.jpg

おかげの井戸
034_20190422201003d46.jpg

井戸をのぞき込み、自分の顔を写したら寿命が三年延びるとのこと。しっかりのぞいて来ました

月見亭
036_2019042220100416d.jpg

037_2019042220100683b.jpg

同じバスで来たおじいさんがパンくずを蒔いて、鯉を集めてくれました!

045_20190422201007b42.jpg

最後にお土産物さんでお餅を購入。

052_20190422201010801.jpg

3箱セットしかなくてどうしよう~と迷っていたら、同じバスで来た鯉とは別のおじいさんが一緒に購入してくれました。
2つはおじいさん、1つがわたし。助かったわ。

ちなみにこんなの
063_201904222010153ee.jpg

思っていたより小さかったので、もしかしたら3箱でも食べられたかも。

049_20190422201009786.jpg

播州清水寺も山の上。バス停からの景色です。
無事に14時50分のバスに乗り、相野駅に15時36分着。

16時01分の電車で大阪に帰りました。
ちなみに、この日はもう春休みが終わっていました。近くに高校があるらしく、ホームには高校生が溢れ返り、電車も満員。

054_2019042220101251f.jpg

18きっぷ、使い切りました。とっても疲れたけれど、楽しかった~。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

西国巡礼 番外 花山院 菩提寺

先々週の平日に有給休暇を取って、18きっぷ最後の1枚を使って西国巡礼に行って来ました。
18きっぷだとちょっと損をする行程ですが、プラスマイナスはプラスになっているので良しとしました。

まずは放出駅から新三田行きに乗り、三田駅で下車。
三田駅からは神姫バスに乗ります。

01_20190420165358e5b.jpg

11番のバス停から。9時46分発のバスで花山院のバス停に9時58分に到着。
バスの本数が少ないので、11時18分のバスに間に合うようにお参りをしなくてはいけません

02_20190420165400a5f.jpg

降りたバス停の向かいが参道の入り口です。ガイドブックによると、ここから30分の上りが続くとのこと

03_20190420165401af5.jpg

04_20190420165402d3d.jpg

途中にはこんなお花も咲いていますが…。

05_201904201654040f5.jpg

ただし、人は思っていたよりかはいました。自転車の人もいました。車も結構通ります。
なので、熊が出たら~とか不審者がいたら~とかの心配は杞憂でした。

急坂の途中にある「琴弾坂」という石碑。
06_201904201654055a8.jpg

三田市のHPによると、
ここは花山院菩提寺に隠棲した花山法皇を慕い、京の都からきた女官たちが女人禁制のために、ここで琴を弾き慰めたと伝えられている
とのことです。

07_20190420165407c20.jpg

まだまだ坂が続きます。
途中、お茶で水分補給、休憩をしながら、本当に約30分でやっと山門に到着しました。

09_20190420165410457.jpg

08_2019042016540887b.jpg

しんどかったー

本堂(花山法皇殿)
10_201904201654117e5.jpg

本堂にお参りした後、展望所に行くと。

11_20190420165413e69.jpg

こんな絶景が 小豆島も見えるそうなのですが、どれかわかりませんでした…。
ベンチに座って、しばらく景色を堪能。

12_20190420165414141.jpg

幸せの七地蔵尊
13_2019042016541610d.jpg

それぞれ役割の違うお地蔵様。自分が叶えて欲しい願いを象徴するお地蔵様の御手をしっかり握って、お願いごとをするのだそうです。
わたしは複数のお地蔵様の手を握って来ましたが、こんな行いはきっと叶えていただけないでしょう。

バスの時間が気になるので、早目に下山。下りは結構、あっという間でした。15分くらいだったと思います。
バスの時間まで20分ほどあったので、来た時のバス停横にあった小道をちょっと散策してみました。

15_2019042016541797a.jpg

16_20190420165419429.jpg

バス停に戻って来たら、行きのバスで一緒だった老齢の女性が、
「お墓に行ってきたの?」
と。
聞くと、わたしが入って行ったあの道の先に、先ほどの「琴弾坂」の女官の方々のお墓があるのだそうです。
わたし、まさにその手前で引き返してしまったんです
手前にとてもきれいな桜の木があって、桜に見惚れて、しばらく佇んでいたのです。その奥の盛り上がった小山にお墓らしい石がいくつかあったのも見たのですが、地元の方のお墓かと思い…。
ちゃんと下調べしないとダメですね。

その女性は愛知から来られていたのですが、もう何度も花山院にお参りされているとのこと。
行きのバスで下車されたのは気づいていたのですが、足が少し不自由なようで杖を付いていらっしゃったので、まさかお参りされるとは思っていなかったので、びっくりでした。
しかも大慌てでお参りしていたわたしと同じバスに間に合ってるし。

わたし、慌て過ぎでした。もう少し落ち着いてお参りしよう

次は播州清水寺に向かいます。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

西国巡礼 第十四番 長等山 園城寺(三井寺)

ちょっと休憩ということで。

『叶匠寿庵』
01_201903031550239f1.jpg

石餅とお茶のセット 300円
02_201903031550241d9.jpg

03_20190303155025e29.jpg

あんこがたっぷり 癒される…。
予定では長命寺と石山寺に参ったら、大津のカフェで琵琶湖を眺めて帰ろうと思っていたのです。
が、この時点でまだ14時。うーん、三井寺に寄れるなぁ。

ということで、せっかくの18きっぷなのですが、京阪でそのまま石山寺から三井寺まで移動することに。

04_20190303155027497.jpg

これにも惹かれたのですが…。こんなに足が疲れてなければ、瀬田川沿いを散策したかったです。
石山寺駅からそのまま石山阪本線で三井寺まで。途中、路面電車になる区間があって感動

三井寺駅から徒歩10分。

05_2019030315502871e.jpg

059_201903031550305c9.jpg

ここも盛り沢山なお寺で…。ここかと思ったら、「湖国十一面観音霊場」の札所だったり。階段を上ったり下りたりして、やっと西国の札所にたどり着きました。

062_201903031550319ef.jpg

063_201903031550337d1.jpg

064_20190303155034170.jpg

景色は美しい。

066_20190303155036b82.jpg

実は、下りる階段を間違えていて また急な階段だーと思っていたら、外に出てしまっていました
本当は境内にあった休憩所で見かけた「葛餅とお茶」をいただいてひと休みするつもりだったのです!!

ショック過ぎましたが、もう足の疲れがピークで、階段を上って戻る気力も、受付で事情を説明する気力も残っていませんでした…。

067_20190303155037f6d.jpg

帰りは、大津京駅でJRに乗り換えて、寄り道せずに大阪まで戻りました。
足は棒になってしまいましたが、二つの予定が三つのお寺を巡ることが出来て充実の一日になりました(翌日はひどい筋肉痛!)。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


西国巡礼 第十三番 石光山 石山寺

JR近江八幡駅から石山駅へ。
ここからは18きっぷとしばしお別れ。京阪の石山阪本線で京阪石山駅から石山寺駅へ移動。2両編成の可愛い電車。

石山寺駅に到着。駅から石山寺までは徒歩10分とのこと。

01_2019030315290959c.jpg

車道の横の参道を歩きます。足はまだがくがくのまま
11時30分、参拝の前にまずはランチをいただきます。

志じみ釜めしが有名な『湖舟』で。
024_20190303153432731.jpg

しじみ釜めしと近江のおばんざい5品がついた「鳰(にお)」 1,290円
04_20190303152912d9f.jpg

05_20190303152913a64.jpg

06_2019030315291506b.jpg

思っていた以上にしじみがたっぷり入っていました 釜に出来たおこげがまた香ばしくてとっても美味しかったです
ちなみにお汁もしじみ汁。

「注文を受けてから炊き上げるので時間がかかります」とのことだったのですが、本当に時間がかかります。混み具合によるかもしれませんが、わたしの時は注文から出来上がりまで30分でした
でもとっても美味しいので、待つ価値あります。カウンター席も6席あるので、ひとりでも全然大丈夫です

お腹が落ち着いたので、参拝へ。

07_20190303152917f13.jpg

08_20190303152918a86.jpg

早咲きの桜。
09_20190303152919f4e.jpg

10_20190303152921722.jpg

このお寺も階段だらけ。ホントにくたくたです。

11_20190303152922a6b.jpg

ちょっと座って休憩しないとー。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


西国巡礼 第三十一番 姨綺耶山 長命寺

西国巡礼を始めてから、4年目に突入してしまいました。
だらだらやり過ぎ! ということで、今年の目標に「西国巡礼満願」を入れました。

暖かくて行楽日和だった土曜日、青春18きっぷを片手に滋賀方面に巡礼に行って来ました。

朝5時起床。JR大阪駅を7時15分に出発する米原行き新快速に乗るために、6時過ぎにウチを出ます。
この電車は18きっぷ利用時に、わりとよく利用する電車です。大阪駅始発なので空いているというのが、お気に入りの理由。

予定通りに8時20分に近江八幡駅に到着です。
ここから近江鉄道バスに乗って、長命寺に向かうのですが、バス代が片道490円と結構高め。ICカードも利用できず、おつりも出ないという旧式(?)バス。
事前に得たネット情報のもと、駅にある格安チケット店でバスの格安きっぷを購入。往復分を910円で購入できたので、70円の節約。

バスで約20分。長命寺に到着です。

00_20190303143832536.jpg

01_2019030314383331a.jpg

バスを降りると、この景色が見え、ここから808段の階段を上るはず…だったのですが。
なんと、ちょっと離れたところに大きく書かれていた長命寺の行き先を示している看板に気を取られ、そちらに進んでしまったのです

途中まで進んで気付いたのですが、わたしが行った道は車用の道路で…。
たまーに車が追い越していくだけで、人っ子ひとりいなくて、廃屋がぽつぽつ出てきてー。
わたしはむちゃくちゃ怖がりなので、こんなところで怪しい車に連れ込まれたらどうしよー、逃亡犯に襲われたらどうしようー、熊とか蛇が出てきたらー
急カーブと急坂の道を超がつく早歩きでぜーぜー言いながら上っていました。
そしたら、普通にウォーキングしながら下ってくる地元の親子とすれ違い…、人の気配にホッと安心。

20分くらいで駐車場に到着。ここからは本堂までもうすぐ。

03_20190303143836e8b.jpg

04_20190303143838496.jpg

006_20190303143839996.jpg

眼下に琵琶湖が見えます。

015_20190303143841d55.jpg

今度こそ、808段を下まで。

02_201903031438356f3.jpg

下っていて思ったのは…。
邪道ですが、上りを車道にしていて良かったと。
この石段、きれいな石段ではなくて、写真のように色んな形や大きさの石が組み合わされているので、非常に歩きにくいのです。手すりもなく。わたしは2回転げ落ちそうになり(上りで股関節がガクガクになっていたので)、気を引き締めていかないとここは危険だと
マイカーで来る人が多いのか、階段では誰にも会わず…。なので、ここでこけて怪我でもしたら大変と、ゆーっくり足を踏みしめて下まで下りました。

無事に下り切った時には、もうすでによれよれ。
バスに乗って近江八幡駅に戻り、次は石山寺に向かいます。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR