FC2ブログ

2016年4月24日-25日 山口 2日目-2

2016年4月25日 2日目-2

20分くらい歩いたかな?

ザビエル記念聖堂
093_20160430125045083.jpg

正式には「サビエル」と濁らないんだそうです。
地元の母や記念聖堂そばに住んでいた今は亡き叔母も「ザビエル」って言ってたけど・・・
焼ける前の荘厳さとは、全然変わってしまいました。新しくなったサビエル記念聖堂に来るのは初めて。

入館料というわけではないのですが、寄付金「100円」を入れるようにとのことでした。その代わりかどうかは知りませんが、帰りがけに「洋風おみくじのようなものです」、と引くように言われた包み紙を開くと、

「惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊かなのです。(Ⅱコリントの信徒への手紙9章6節)」

なんか、わたしにぴったりなのを引いたな
教訓にしようと思います。

美術館のある通りを歩いて、山口中心商店街に向かいました。
町を見渡せる高い建物って何かないの?って、母に聞いたところ、デパートの最上階にレストランがあった、ということで、そのデパートがある商店街に向かったのですが。

母の記憶では8階が最上階だったのですが、「井筒屋山口店」の最上階は5階でした
しかも、目の前に高層マンションが建っていて、窓際のテーブルに案内していただけましたが、残念ながら、町を見渡せるっていう感じではなかったな。

「レストラン 柚香菊」の黒ゴマの担担麺
094_20160430125047b07.jpg

美味しかったです。ゆーっくりできました。

食後、母の思い出話を聞きながら、商店街をはしからはしまで歩きました。
歩き疲れたのとコーヒーが飲みたくなって、カフェを探すことに。表に面したお店に入りたかったのですが、商店街には見当たらず。山口駅に向かう通りが良い雰囲気だったので、ちょっと歩いて探そうということになり、歩きはじめてすぐにとても素敵なお店を発見

103_20160430125153602.jpg

102.jpg

この階段。これはもう上がるしかないでしょう
101.jpg

「フランク FRANK」
097_20160430125113151.jpg

通りを見下ろせる窓に面したカウンターにふたり並んで座りました。

メニューも可愛い
095_20160430125112b71.jpg

わたしはタルトタタンとコーヒー。
099.jpg

100.jpg

器のセンスがとても良いです。ケーキもコーヒーも美味しいし、お店の方もとても感じが良くて、近所だったら毎週でも来たいくらいです。ホントに寛ぎました。

ここから山口駅までは、まっすぐです。歩いて5分ほど。
106.jpg

電車もガラガラ。のんびり新山口駅まで。
108.jpg

楽しかった旅はあっという間に終わり。
109_201604301251573fb.jpg

こころもからだもリフレッシュ



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

拍手&コメントありがとうございます!

2016年4月24日-25日 山口 2日目-1

2016年4月25日 2日目-1

朝ごはん。
077_2016043012501735a.jpg

078.jpg

079_20160430125020a59.jpg

080_2016043012502184c.jpg

朝からたっぷり。どれも美味しかったけど、さすがに完食はできませんでした。

10時にチェックアウトして山口市街に向かって、ブラブラ歩き始めました。
こどもの頃は毎年来ていたので、特に観光の目的はなく、母も「そういえばいつもバス移動で歩いたことはない」、ということだったので、なんとなくザビエル記念聖堂まで行こうということで、ホントにお散歩。

087_2016043012502383e.jpg

088.jpg

湯田温泉街を抜けて、権現通りをずーっと行くと、鎮守の神さま「熊野神社」。
090_20160430125042d04.jpg

092.jpg

今回の旅にも、一応、御朱印帳を持参していたのですが、こちらの神社は無人でした・・・。なんか崩れそうになってました。

つづく。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

2016年4月24日-25日 山口 1日目-5

2016年4月24日 1日目-5

さて、いよいよ夕食の時間

058_2016042911493067f.jpg

054.jpg

飲み物は「獺祭」を頼みました。
057.jpg

055.jpg

056_201604291149272c8.jpg

この次にお吸い物があったのですが、あまりにも美しくて写真を撮るのも忘れて、食べてしまった・・・。

059_2016042911493225d.jpg

はじめて食べる「瓦そば」。本当は茶そばで作るのが一般的なのだそうです。

061_201604291149339a5.jpg

想像してたのと全然違う。びっくりしました。油で炒めてあって焼きそば風。美味しいです

062.jpg

063.jpg

064_20160429114955a05.jpg

066.jpg

067.jpg

量もちょうど良くて、満足満足です

満腹だったので、温泉に入る前にちょっとだけ散策に。

069_20160429115016c1d.jpg

あんまり歩いている人がいません・・・。日曜の夜ですからね。明日は月曜。ちょっと優越感。
コンビニで温泉から上がってからいただく夜食を購入。

074_20160429115019348.jpg

あー、のんびりー。
つづく。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

2016年4月24日-25日 山口 1日目-4

2016年4月24日 1日目-4

今日の宿は『松田屋ホテル』です。一度泊まりたかった憧れのお宿。
創業330年、司馬遼太郎や明治維新志士ゆかりの宿です。

落ち着いた和室。
032_20160429114841617.jpg

033_20160429114843e4a.jpg

写真撮る前にお菓子食べてしまった・・・。外郎です。
030_20160429114840b7c.jpg

休憩した後、さっそく宿自慢の庭を散策。
039_20160429120217897.jpg

046_2016042912021976a.jpg

池の鯉がとても立派。丸々しています。
「温泉なので冬眠することなく一年中通して、エサを食べているせいでしょうか?」と宿の方がおっしゃってました。
散歩に出る前に希望すれば、鯉のエサをくださいます。

045_20160429120218f2d.jpg

035_2016042911484668c.jpg

これがそのアカマツ。
034.jpg

新しい時代の幕開けを作るきっかけになった場所。
048.jpg

歴史を感じる場所が宿のあちこちに。ワクワクします

散策後。お待ちかねの温泉
松田屋ホテルには大浴場2つの他に家族風呂が2つあります。
家族風呂の2つのうちの1つが「維新の湯」です。

052.jpg

予約制とかではなくて、鍵が開いていればいつでも入れるとのことでした。夕食前、ちょうど空いていたのでまず憧れの「維新の湯」に。

051.jpg

新しい国を作ろうという希望に燃え、命をかけた若者たちのパワーをもらえたかな

次はいよいよ夕食です。
つづく。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

2016年4月24日-25日 山口 1日目-3

2016年4月24日 1日目-3

墓地までタクシーを呼んで、帰りはJR山陽本線で厚東駅から新山口に戻ります。
022_2016042620345120a.jpg

宇部線と違って、2両編成。10分ほどであっという間に到着しました。
023_2016042620345294c.jpg

今度はJR山口線に乗り換えて、今日のお宿がある湯田温泉に向かいます。
024_20160426203454aa6.jpg

湯田温泉駅到着。
029.jpg

湯田温泉駅前の白狐の像。
028_20160426203527ccc.jpg

湯田温泉は、白狐が見つけたお湯ということで、あちこちに狐の像があります。

つづく。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR