FC2ブログ

人間ドックを受けた後、『Green Cafe』で、遅いランチをいただきました。ランチタイムギリギリです

002_20160331171853b27.jpg

日替りランチはもう完売だったので、パスタランチから「旬野菜のオイルパスタ」を選択。
004_20160331171854c3e.jpg

期間限定ということで、スープとドリンクのバイキングが付いてました。
せっかくなので、スープ、ぶどうジュース(ワイン代わり)、食後のコーヒーと満喫しました。

わたしは、人間ドックが苦手、というかいわゆる「白衣高血圧」のタイプです
病院に行くというだけで、異常に緊張するという。もう前日の夜から心臓バクバク 毎度のことなのですが、一年で一番身体に悪い日では?と思うくらい。いっそ、受けない方が心身のためにはいいのではないかと、思ってしまいます。会社員なので、仕方ないですが。

でも、結構この性格はポピュラーなようで、看護師さんたちも慣れてるみたいです。「医療関係者にも案外多いんですよー」ってなぐさめていただいたことも、過去にあります。

お店の前の景色です。もうちょっとで満開です
005_201603311718559a6.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

先日、図書館で色んな本のページをパラパラとめくっていたところ・・・。
何の本だったのか全然思い出せないのですが、こんなようなことが書かれていました。

「投資家が言う投資してはいけない会社の見分け方として、職場でスリッパに履き替える人がいる会社とか体操を強制する会社など。」

わたしの職場はその両方です
毎朝、ラジオ体操、引き続き、当番制でひとこと挨拶。今週は当番が回ってくる

体操については、わたしはいいと思ってましたが。その日の身体の状態がよくわかって。
けど、スリッパもちろん、スリッパそのものではありませんが・・・。考え方がスリッパそのものであると気づきました。

わたしについて言うと、どうせ会社で履くんだから、これでいいや(全然磨いてないし、ヒールも傷だらけ)、とか、カーディガンも毛玉とか漂白剤が飛んだ跡とかあるのですが、ま、会社だから・・・と思っていました。いいもの買うのももったいないし・・・なんて。

でも、これって、職場を完全にオフの場所と捉えてるってことですよね
確かにこのような心構えで良い仕事ができるとは思えない。そういう気分になるということ自体、職場全体に緊張感がないということ。

うーん、昔観た映画ではニューヨークのキャリアウーマンたちは、スニーカーで通勤、会社でハイヒールに履き替えてました。(今もそうなのかな。)
ウチの会社だと完全に浮いてしまいそうです・・・

4月から少し考え直そうかな。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

本の扉に。

「魚が言いました・・わたしは水のなかで暮らしているのだから あなたにはわたしの涙が見えません
 魚説・・只因為我活在水中、所以你看不見我的涙」

お父さんの王璇の詩だそうです。

003_20160324202411685.jpg

主人公の台湾人、葉秋生が大人になるまでの青春小説であり、その家族の大河小説であり、殺されたおじいさんの犯人は?というミステリーでもあり。

わたしはかつて東洋史を勉強していたことがあったのですが、その時、台湾の二二八事件をテーマに卒業論文を書きました。当時は、本省人側(もともとの台湾人)からの目線で台湾について論じたのですが。

『流』で外省人側の痛みや悲しみを知りました。当事、貧しい大陸の人たちにとっては大志も大義もあるはずがなく、共産党でも国民党でもどちらでもよく、たまたま付いた側がこっちだったというだけ・・・。

主人公が成長していく過程、やがておじいさんを殺した犯人に思い当たる過程で冒頭の詩がどんどんどんどん切なさを増していきます。

「どうしようもないことはどうしようもない、わからないものはわからない、解決できない問題は解決できない。それでもじっと我慢をしていれば、その出来事はいずれわたしたちのなかで痛みを抜き取られ、修復不能のままうずもれてゆく。」



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

天六の有名店、『総大醤』に、妹と行ってきました。
開店10分前くらいに到着。既に数人並んでいましたが、一巡目に入店することができました。店内はカウンターのみです。

天然塩ラーメン 700円
001_20160320190213216.jpg

柚子がきいていて、おいしいです。食べ放題のキムチもあります
妹が頼んだ焼き飯セットの焼き飯もとってもおいしかったのですが・・・。

外で並んでいる、次のお客さんが5人連れと4人連れ。
わたしたちの左右のお客さんが食べ終わって出て行った後、左に3席、右に3席。わたしたちが食べ終わらないと、次のお客さんたちが入ってこられないという事態になってしまいました。店内はガラガラなのに・・・。

猫舌の妹はもう味わうどころではなくなり、必死で焼き飯をかきこみ、水も飲まずにお店を後にすることに
あ、別にお店の人がせかしたりするわけじゃないですよ。わたしたち姉妹が小心者なだけで。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村