FC2ブログ

『ロイヤルホスト 蒲生店』(大阪市城東区)

モーニングです。ベーコンエッグサラダモーニング 896円(だったと思う。)
001_20180827201329b38.jpg

目玉焼きはしっかり両面焼きで。
002_201808272013315d4.jpg

見た目は良くないですが、半生の黄身はちょっと勇気がいるのです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『ORANGE FIELDS』(大阪市北区)

天神橋筋商店街の天三の位置にあるお店「ORANGE FIELDS」に行きました。
このお店は「ティーフリー」を注文すると紅茶飲み放題になります。

紅茶アイス(486円)とティーフリー(529円)
014_20180827195611bc1.jpg

紅茶のアイスクリーム美味しかった。
015_20180827195613dbf.jpg

実は、このお店はフレンチトーストしかないのだと思っていたのです。で、わたしは何を隠そうフレンチトーストが食べられない 基本的に牛乳が得意ではないので、牛乳らしきものでベショベショになったパンは問題外

なので、行くことはないはずだったのですが、たまたま前を通りかかった時にお店の前のメニューを見たら、いろいろある あれ?と思い入ってみたら、ホントにメニューいろいろありました。
今度はランチでもいいかも。カウンター席もあるし、テラス席にはわんちゃん連れの人もいました。

ちなみにティーフリーは「わんこそば」の勢いで注がれます 嬉しいけど苦手なハーブティーもあるので、ちょっと注意しておいた方がいいです(いろんな種類の紅茶が順次回ってくるので)。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『BiaNca』(大阪市鶴見区)

今福鶴見駅すぐのところにあるイタリアンのお店です。ずっと行きたかったのですが、ランチセットが平日のみということでなかなか行けずにいました。
が、お盆明けが平日扱いだったので、ついにランチで訪れることができました。ご近所の新しい友人と

007_20180827193107a72.jpg

006_20180827193105c30.jpg

カウンターがあるので、ひとりでも大丈夫そう。
009_20180827193109a27.jpg

008_20180827193109907.jpg

パスタセットを注文。パスタは5種類の中から選ぶシステム。2種類を選んでシェアしました。(1,000円+1,200円)

前菜 可愛い。
010_20180827193111caa.jpg

パン
015_2018082719311466e.jpg

活ハモとドライトマトのアンチョビソース
014_201808271931125f2.jpg

タコとトマトの冷製パスタ(ちゃんとした名前をわすれました…)
016_20180827193115b29.jpg

写真を見ると似ている。味は全然違います。アンチョビソースの方はアンチョビで濃い味。冷製の方はすっきり爽やかです。

デザートセット(200円)を追加
018_20180827193119838.jpg

019_201808271931202ac.jpg

頼んで良かったです。むっちゃ美味しかった。

017_20180827193117e3a.jpg

コーヒーにはこんなビスケットが添えられていました。か、かわいすぎる

美味しかったのですが、週末はセットがないので次に行けるのはいつかしら?
あと、友人が12時に予約をしてくれていたのですが、12時入店時はわたしたちだけ。13時過ぎ頃から少しずつお客さんが入って来られていました。たまたま夏休み期間中だったからでしょうか? それともいつもこんな感じなのかな?



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『乗客ナンバー23の消失』セバスチャン・フィツェック

面白い本が立て続けに出て来ます。これもむちゃくちゃ面白かったです。

005_20180825145253995.jpg

話題のドイツミステリー。読み始めたら止まりません。ちょっとグロテスクな場面もありますが…。
数年前、大西洋横断客船「海のスルタン号」で行方不明(自殺とされてしまう)になった妻子の謎を追う囮捜査官のマルティン。同じ船でふたたび行方不明になった妻子が。

読み進むごとに新事実が次々と。最後まで飽きずに一気読みです。

世界の客船では年間に20人を超える行方不明者がいるというのは事実だそうです わたし、船旅に憧れていたのですが、この小説を読んだら、なんだかちょっと恐くなってしまいました。ひとりで船内ウロウロとかできそうにありません



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『真夜中の子供』辻仁成

『真夜中の子供』は無戸籍の少年を主人公とした小説です。

001_20180823170236f0a.jpg

無責任な親の下に生まれ、出生届を出してもらえず無戸籍となった少年、加藤蓮司。親には恵まれませんでしたが、中洲で暮らす温かい大人たちに見守られて、成長して行きます。

「真夜中の子供」とは、幼い蓮司が深夜の歓楽街中洲をひとりちょこちょこと走り回る姿を見て、大人たちがつけた呼び名でした。

小説のもうひとつの主役は博多祇園山笠。遊園地にも動物園にも行ったことのない蓮司は、祇園山笠に心を奪われます。このお祭りの場面は迫力満点です。臨場感に溢れています。蓮司の感動ぶりがものすごく伝わってきます。

蓮司が戸籍を取得できるように走り回る警察官。また、10代後半で事件を起こし少年院に入る蓮司に世論の同情が集まるのですが。
蓮司の結論は。

「自分には戸籍を取得する意思がありません。自分は誰に望まれて生まれてきたわけでもありません。しかし、自分のことを愛してくれた人々が中洲にいます。出院したら中洲に戻り、中洲の外には出ず、今まで通りそこで中洲の人々と中洲の伝統を守って暮らしていきたいと思っています」

蓮司に優しい大人たちは、ちょっと見には恐いような人たちです。見た目で判断してはいけません…。

とても面白い小説でしたが、作者はどうやら「拵える」という言葉がお気に入りのようで頻出します。それがちょっと気になりました。
ここも「拵える」使う?みたいな。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ほっぺたが落ちました! 焼きキャラメル「東京百年物語」

お盆休みに帰省した友人からお土産にいただきました。

001_20180821212344a0b.jpg

シーキューブと森永ミルクキャラメルのコラボレーション。パッケージがものすごくキュートです

002_20180821212345d3c.jpg

015_20180821212346467.jpg

初めて食べました。想像を上回るしっとり感です。とっても美味しいです。甘い甘いキャラメルの焼き菓子。もっと食べたい



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『コロッケいまむら』のコロッケが美味し過ぎです!

お盆休み中にウチに遊びに来てくれた知人が、蒲生四丁目で『コロッケいまむら』のコロッケをお土産に買って来てくれました。

004_20180821210701528.jpg

噂は耳にしていたのですが、自分ではまだ買ったことがなかったのでワクワクしながら袋を開きました

005_20180821210702c0c.jpg

定番の牛肉ブイヨンコロッケが二つと特製ミンチカツ、ハムカツが一つずつ入っていました。ちゃんと袋に名前が付いています。

006_20180821210704639.jpg

衣がサクサクなのが見た目からもわかります

008_20180821210705e87.jpg

まだ温かいコロッケとカツを二人で分けて、熱々ごはんといただきました。感動の美味しさ
なんで今まで行かなかったんだろー。お店の前は何度も通ったことあるのに。
これからは晩ごはんのおかずにちょいちょい寄ってしまいそうです。あ、でも自転車の時しか寄れないな…。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『Tea House 茶摩』(大阪市北区)

天五中崎通り商店街を天六側の方から入ってすぐのビルの2階にあります。
HPに「紅茶と猫とアンティークが大好きな姉妹の小さな紅茶屋です」とあり、一度行ってみたいと思っていました。天六に用事があって出かけた日に、ランチで行って来ました。

009_20180819144046878.jpg

小さな隠れ家のようなとても素敵なお店でした。

ランチセット 1,000円
010_20180819144048862.jpg

サラダ、ホットサンドイッチ(卵とベーコン)、デザート(かぼちゃのパウンドケーキ)、紅茶(ポットサービス)
これで1,000円はとてもコストパフォーマンスが良いと思います。

012_201808191440481f1.jpg

サンドイッチの具はいくつかあって自分で選べます。ホットにするか普通に冷たいままかも自分で。
今回はホットサンドにしましたが、パンのミミのところが結構硬くて…。わたしは顎も歯も弱いので苦しかったですー
でも味はとても美味しかったので次は冷たい普通のサンドイッチで注文しようと思います。

013_20180819144051f4b.jpg

デザートも2種類から選べました。紅茶はカップに3杯ありました。デザートを食べ終わって、まだしばらくゆっくり楽しめるくらい。
食べていませんが、スコーンもとても美味しそうでした。

お店のあちらこちらに猫に関するものが飾られていて、猫好きとしてもたまらない空間です。トイレの中までとても可愛かったし
天六に行くたびに寄ってしまいそうです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『丸福珈琲店 中之島ダイビル』(大阪市北区)

『プーシキン美術館展』を堪能した後、ゆっくりコーヒーを飲みながらぼーっとしたくて、美術館からすぐの中之島ダイビルにある『丸福珈琲店』にやって来ました。展覧会って足が棒になって、ものすごく疲れていることに、いつも観覧後に気付く…。

029_201808170634535d6.jpg

お盆休み中の午後3時半頃でしたが、結構空いていました。落ち着くわー

コーヒー 540円とはいからセット 420円
026_20180817063450535.jpg

027_2018081706345291a.jpg

はいからセットは焼き菓子が3種盛り合わせられたセットです。丸福の苦いコーヒーに甘い焼き菓子がよく合います。右上の白いのですが、生クリームだと思ってフォークでパウンドケーキに乗せようとしたら、あれ?硬い…。メレンゲの焼き菓子でした。

美術展の余韻にひたりながら、1時間ほどゆーっくりいたしました。いい休暇だったなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『プーシキン美術館展』(国立国際美術館)

マハさんの本に影響を受けたことと、連日の暑さを避けるため、このお盆休みに美術館に出かけてみました。

024_20180817055838600.jpg

「竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観デザイン(美術館のHPより)」だそうです。
021_20180817055833a19.jpg

国立国際美術館はこの入り口だけが地上で、館そのものは地下にあります。なのでエレベーターでぐんぐん下りて行きます。

022_20180817055836884.jpg

チケットを買うのに10分ほどかかりました。クレジットカードが使えるので便利です。

023_201808170558360d3.jpg

チケット売り場の横には写真撮影用セットが配置されていました。

金曜と土曜の夜間は展示絵画の写真撮影OKということです。わたしは他の人が写真を撮っていると、なんだか絵を見辛いかなと思って普通の時間に行きましたが。
もっとのんびり観られるかなと思っていたのですが、思っていたより混んでいました。

今回は「作家がこの絵で伝えたかったことは何なのだろう」ということを考えながら鑑賞してみました。書かれた年代を確認して、この時代のパリで暮らす人たちはどういう生活を送っていたのだろうとか。

ちょうど時代ごとに展示されていたので、わかりやすかったです。

モスクワにある「プーシキン美術館」の写真もありましたが、とても素敵な美術館で。建物を見に行ってみたくなりました。

20代の頃、ある美術館で監視員のアルバイトをしていたことがあります。その時は、他の館も含めて、いろんな美術展の招待券をいただけたので、しょっちゅう美術館に出かけていました。大抵の展覧会は空いているので、美術館に出かけるとのんびりと非現実の世界に飛ぶことができ、その空間にいることがとても好きでした。美術のことはよくわからないのですが、広々として静かで独特な空間。

やっぱり美術館・博物館はいいなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
QRコード
QR