FC2ブログ

ホーチミン到着!

2018年9月22日 1日目-1

朝4時起床。直前までどうなることかとやきもきした関空発の旅でしたが、前日21日に鉄道が全面復旧し、普通に行くことができました。本当にラッキーでした。

天下茶屋駅で地下鉄から南海電車に乗り換えて関空まで。電車が連絡橋に入るとたくさんのお客さんがスマホで橋の様子を撮影し始めました。撤去された橋のちょうど切り口のところでは、シャッター音が次々と。

無事関空到着。

集合場所に行く前に両替に。今回はじめて「池田泉州銀行」の外貨両替予約サービスを利用しました。
このサービスをひょんなことから知りまして。ネットで事前に希望の外貨と金額を入力して送信しておくと、窓口に並ばなくてもすぐに受け取れるという。案の定たくさんの人が並んでいましたが、一番前まで歩いていってクローズになっている窓口から予約名を告げるとすぐに封筒を渡されました。

レートとかに拘らなければとても便利だと思います。この日は5000円分のベトナムドンに替えました。食事付ツアーなので結局これで十分でした。
(が、途中で不安になり現地ガイドさんに1000円を両替してもらいました。結果、空港で使い切るためにウロウロしました

ベトナム航空でホーチミンへ。
001_20180929141445f2c.jpg

そうそう、その前に第1ターミナル4階の北団体受付カウンターでツアーの説明を受けました。その時に早くも今回のツアーメンバーのおひとりと顔を合わせました。出発まで少しお話しましたが、福井から参加されているそうで、前泊とのこと。関空がダメだったらホテルや鉄道のチケットを取り直さないといけないから焦ったそうです。遠くからの参加だと本当に大変ですね。わたしは自分のことしか考えていませんでした

飛行機の出発は滑走路の渋滞で1時間遅れました。ホーチミンの観光時間が減ってしまうー。

002_20180929141447d93.jpg

飛行機は3列-3列。スクリーンがこのタイプ…は、久し振りです。

006_20180929141449896.jpg

軽食
008_20180929141450965.jpg

昼食
010_20180929141452aa8.jpg

011_20180929141453f69.jpg

和食にしました。ごはんにパン! さすがにパンは残してしまいました。

5時間ちょっとでホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着です。外に出た途端、モワッと熱気に包まれました。
うっ、暑いの苦手なんやった…。
ということになぜか気付いた瞬間でした。

飛行機を降りたところで、ツアーメンバー全員とはじめて顔合わせです。
その後、入国審査を経て、バスに乗り込みホーチミンの市内観光に出発です。バスは広々しているのでみんなバラバラに好きなところに着席。2席必ず使えるので荷物も広げられます。

車窓にベトナムらしい風景を探します。やはりバイクはすごかった

013_20180929141454ec9.jpg

この後、20時発の飛行機でわたしたちはダナンへ行くので、時間があまり残されていないのでした…。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

はじめてのベトナムはクラブツーリズムで

今回わたしが参加したひとり旅ツアーはクラブツーリズムの『ホイアンランタン祭りとはじめてのベトナムひとり旅5日間』というツアーです。ツアー代金は諸々込みで168,640円でした。

ツアーの日程(強行軍ですよー)は、
1日目  関空 → ホーチミン → 空路 ダナン → ホイアン
2日目  ミーソン遺跡 → ホイアン → ランタン祭り
3日目  ホイアン → ダナン → 空路 ハノイ → ハロン湾
4日目  ハロン湾 → ハノイ → 機中泊
5日目  関空

飛行機の遅れで途中前後したところもありますが、とりあえず全て観ることができました。
参加者はわたしを含めて10名で、20代から60代までまんべんなくといったところ。9名が女性で男性は1名。「まさか男ひとりとは…」と驚いていらっしゃいました。

雰囲気はとても良かったです。そもそもみなさんひとり行動が得意な方ばかり。ほど良い距離感が心地よかったです。
食事の時にはそれぞれの旅行話を聞けて、とても参考になりました。

また添乗員のKさんがとてもとても素晴らしかったです。キュートで元気で頼りになる添乗員さんでした。

ただツアーは変な意味で緊張しました。体調が悪くなったり、寝坊したりして、他の方の迷惑になったらどうしようーとか。
ひとり旅ならしんどかったらホテルで休んでいればいいのですが、移動を伴うツアーです。旅行直前には本当に不安でいっぱいになりました。

でも、まあ、いざとなればツアー脱退して自腹で帰ってくればいいだけのこと。そう思って深呼吸しながら当日を迎えたのでした。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

一人参加限定ツアーでベトナムへ

ベトナムに行くのも初めて、ひとり参加限定ツアーに参加するのも初めてという、ちょっと緊張のスタートでした。
旅行直前まで関空から出発できるのかどうかもわからず、落ち着きませんでしたが、結果オーライ

ギュッと詰まったツアーだったので強行軍ではありましたが、行きたかったホイアンのランタン祭り、ハロン湾クルーズを一度に周ることができて大満足の旅となりました。
添乗員さんも現地ガイドさんも満点(それ以上)の素敵な人たちでしたし、ツアーの仲間たち(総勢10名)もいい感じの人たちばかりで本当に楽しかったです。

全部で3泊5日のベトナム旅行。大満喫いたしました。また、少しずつブログに記していきたいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

『Pancake Cafe mog 京橋店』(大阪市都島区)

久し振りに京阪高架下にある『mog』でパンケーキをいただきました。

焼きリンゴとクリームブリュレのパンケーキ(ドリンク付きで1,510円)
008_20180919193207f5e.jpg

005_20180919193205759.jpg

焼きリンゴとクリームブリュレって最強の組み合わせです ものすごく美味しかったのですが、お腹がはちきれる 紅茶もポットサービスでしっかりカップに3杯ありました。
とても美味しかったので、次に行く時は、お腹に余裕を持って行きたいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『日の名残り』カズオ・イシグロ

「ノーベル賞記念版」が図書館にも入っていたので、借りてきました。新しい図書なので嬉しい。気持ちよく読めます。
ミス・ケントンの登場場面で、なぜかエマ・トンプソンの顔がちらつく。なんで…?

あ、映画だ すっかり忘れていました。映画で観たのでした。ストーリーはすっかり忘れていたのですが、映画と小説はだいぶ違うのだろうか。エマ・トンプソンは好きな女優さんのひとりなので、彼女が出演しているだけで観てしまいます。

ある老人が、一日で一番いいのは夕方だと、語る場面があります。ここが心に沁み渡ります。

話は全然変わって。旅行に行けることになりました
関空も鉄道も素晴らしいですね あの台風の後は、ほぼほぼ旅は中止だなと思っていました。昼夜を問わず復旧に向けて働いて下さったすべての方に心から感謝です。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『やまや 京阪京橋店』(大阪市都島区)

久し振りに京阪高架下の『やまや』でランチをいただきました。
土曜日の11時半過ぎ到着で、20分くらい並んだと思います。

前回、鶏の唐揚げ定食にしたら、ボリュームたっぷり過ぎて食べ放題の明太子をひとつ(四分の一腹っぽい)しか食べられなかったので、今回は一番あっさりとしていそうな「がめ煮(筑前煮)定食 1,000円」を注文。

001_20180916171615ce8.jpg

002_20180916171617a8f.jpg

し、しかし、やっぱりボリュームがすごい とても美味しいのですけど…。

003_20180916171618f68.jpg

この食べ放題の高菜と明太子を堪能してみたい
今回はお腹はちきれそうになりながら、何とか明太子ふた切れ詰め込みました。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

はたして旅行に行けるのだろうか?

関空発で予定していた旅行まであと1週間程度となりました。
行きたいところがぎっしり詰まったベトナムツアーを申し込んでいたのですが、ツアー中止か代替空港からの出発かは3日から5日前にならないとわからないらしく(旅行会社からの手紙によると)。

準備をして「中止です」と言われたら嫌だし、どうしたものかと… 被災されて大変な人たちがたくさんいるんだから、遊びの悩みなんて大したことではないのですが。

旅行会社も対応に追われて相当大変だとは思うので、こちらから電話をするのも憚られ。
ただ宙ぶらりんで落ち着かない日々が続いているので、どちらの結果でもいいので早く連絡が欲しいです
なんだか勝手に疲れています



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

MUJI「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」

ここのところ自炊熱が急降下中
なので、「ごろごろ野菜」に惹かれて買ってしまいました

001_20180909115622188.jpg

深皿に出してみると…。
003_20180909115624a91.jpg

ホントにごろごろ野菜です。嬉しい
唐辛子マークが4つついていたので、ちょっと心配でしたが、辛いの苦手なわたしでも大丈夫でした。
いつもは100円程度のレトルトカレーを買っていましたが、たまのことだし、これからは奮発して()色んなレトルトカレーにチャレンジしてみようかなと思いました。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『日本の最も美しい図書館』

昨日の土曜日にやっと台風後のベランダの片付をしました。
どこから飛んで来たのか、プラスチックの破片やウチのベランダの鉢植えの葉っぱなどなど。外壁も床も、ベランダの手すりやガラスもドロドロでした

すっきりしたところで、図書館でこちらの本を借りてきました。

『日本の最も美しい図書館』
002_2018090911181969c.jpg

写真と文(立野井 一恵)で構成されているのですが、この本、とっても楽しいのです
日本全国から41の図書館が紹介されていて、どれもとても素敵。

「東京都北区立中央図書館」
003_2018090911182127c.jpg

赤レンガの倉庫。外側は再活用でレトロな建物ですが、中身は「約40万冊の蔵書すべに世界初のミューチップ型ICタグを採用」とのこと。「自動貸出サービスなど先進的な取り組み」。

「神戸市立東灘図書館」
004_2018090911182149d.jpg

「ユーカリやラベンダーなどリラックス効果のある香りが館内をやさしく包み」「川のせせらぎや森林など自然の音に癒され」などなど。素敵
しーんとし過ぎるとなんか緊張してくるのですよね。お腹鳴ったら恥ずかしいな…とか思うと余計に鼓動が早くなってきて。そういう意味では会社も小さい音で音楽とか流して欲しいなと思います。自律神経が不安定なので、しんっと静まり返っているのが苦手

「金沢海みらい図書館」
005_20180909111824e19.jpg

「2012年度のグッドデザイン賞を受賞し、アメリカの大手ネットサービスサイトFlavorPillでは「世界で最も美しい公共図書館ベスト25」に選ばれました。」
な、なんかすごいですー。今度金沢に行ったら行ってみよう

「佐賀県武雄市図書館・歴史資料館」
006_201809091118257fc.jpg

ここもすごい。図書館と蔦屋書店、スターバックスが一緒になっているとのこと。何時間でも過ごせてしまう。間違いなく予定がない日は絶対ここに行きそうです

もうもうこんな感じで、夢のような図書館が次々紹介されているのです。写真を眺めているだけで楽しすぎます。
旅先で図書館に寄ってみるのもいいなと思ったのですが、これらの図書館、ちょっと不便なところにあるものも多くて。駅からバスに乗って行くような。

地方の公立図書館は基本的に自家用車で来る地元の人が対象でしょうし、広大な敷地が必要だからどうしても郊外になるのでしょうね。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

関空、頑張れ!

台風の次は北海道の大地震。大きな災害が続くので落ち着きません。被害の大きさがニュースから伝わってきます。
まだ西日本豪雨の被災地も完全復興していないし、何を優先するのか、国や自治体やライフラインを請け負っている会社は悩ましいだろうな。

そして、関空 ニュース映像で見る姿が痛々しくて。テレビでは「想定外はあり得ない」という辛口のことを言っている人もいますが、個人的には「想定外はあり得る」と思います。
「絶対大丈夫」なんて無理。たとえ10mの防潮壁があったとしても、いつかそれを超える波が来るかもしれませんし。最初からもっと大きな壁を作って何事もなければ、それを無駄という人たちも出てくるでしょうし。

タンカーが連絡橋にぶつかったのは余計だったと思いますが。

それにしても、これまで軽く橋恐怖症でしたが、今回の事故で橋って丈夫なんだーと感動しました。あんなタンカーが思い切りぶつかったら、橋がボロボロと全部崩れてしまうのかと思っていました
でも、被害は本当にぶつかったところだけで、他の部分は大丈夫のようで。なんだか安心しました。

瀬戸大橋とか明石海峡大橋とかもちょっと心配だったんです。「早く渡り切ってくれー」といつも心の中で叫んでいました。

空港としての脆弱性を指摘されてはいますが、わたし的には橋の強度が実証された機会となりました。
とはいえ、この秋、関空発で旅行に行く予定があります。なので早く復旧することを願ってます

関空、頑張れ



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
QRコード
QR