FC2ブログ

『Kiitos』(大阪市中央区)

谷町四丁目の『Kiitos』でランチをいただきました。
最初このお店を知った時は、てっきりフィンランド料理のお店だと思っていました。kiitosはフィンランド語でありがとうの意味。昨年、ヘルシンキを旅行した時に覚えて行った数少ないフィンランド語です。

谷四の『Kiitos』は洋食屋さん。今回は友人と二人だったので、事前に予約をしておきました。以前、お店の前を通った時、行列が出来ていたので。
予約は11時50分までと、13時以降ならOKとのことでした。わたしたちは11時45分に予約。

迷いに迷って、ビーフハンバーグ 1,300円を注文。

スープ
018_20181029212632d11.jpg

ごはんとビーフハンバーグ
020_20181029212635ab4.jpg

019_20181029212633725.jpg

ハンバーグはフワフワで肉汁たっぷりでとってもとっても美味でした
付け合せの野菜がたっぷりなのも嬉しいです。

食後のコーヒーを追加(200円)して、ゆっくりおしゃべりを楽しみました。

カウンター席もとても広かったので、ひとりでものんびりお食事できると思います。
ハンバーグがとにかく美味しかったので、他のメニューも美味しいはず。次はオムライスを食べに行きたいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『鼎's(Din's)』(大阪市北区)

ルクアの地下2階にある『鼎's』で羽根つき小籠包なるものを食べました。

休日13時半頃の到着でしたが、20分ほど並びました。並んでいるということは美味しいのかなーと期待が徐々に高まった頃、席に通されました。

セットメニューがいろいろあり、迷いに迷って「パーコーメンセット 1,050円」を注文。

小鉢が二つ。
012_20181028185357304.jpg

待っている間に小籠包のタレを作るように店員さんから指示があります。

013_20181028185358b08.jpg

タレ用の調味料がいろいろテーブルに用意されています。わたしはおすすめとあったラー油と味噌(!)でタレを準備。
ちなみにこのタレがむっちゃ美味しかったです。

羽根つき小籠包
014_201810281854000a3.jpg

なんと、わたしはこの羽根に気を取られ、小龍包の肉汁を飛ばしてしまうという大失態を
それだから言うわけではないのですが、小龍包は羽根がない方が食べやすいです。それと、多分、奇をてらわない小籠包の方が味にも自信があるのではないかなと思いました。

カレー味のパーコーメン
015_20181028185401a40.jpg

カレー風味はほんの香り程度でした。細い麺がスープにからんで美味しかったです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『Kamekichi』(大阪市中央区)

谷町四丁目に会社の用事で出かけた日に、平日ランチで『Kamekichi』に行って来ました。13時過ぎの到着で、すぐにカウンターに座れました。ランチは1種類のみで1,200円です。

サラダ
025_201810271559021c9.jpg

野菜がたっぷりなのが嬉しいです。

メインのお肉
026_2018102715590390f.jpg

コーヒー
027_20181027155905d88.jpg

美味しかったです。
わたしの職場近くはチェーン店が多くて、こういう大人な雰囲気のお店はあまりないので、優雅なランチタイムを満喫することができました。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

『elicafe』(大阪市北区)

梅田スカイビルの南側にある小さなカフェ、りんご専門の『elicafe(エリカフェ)』に行って来ました。

004_20181027153224448.jpg

005_20181027153225bc2.jpg

わたしが訪れた日は、りんごのイラストを描くワークショップが開かれていたため、小さなカフェスペースの半分は埋まっていました。お店の方から、予約を入れた方がいいですよと、アドバイス(?)をいただきました。

りんごソーダ 400円(フードとセットのため100円引き)
007_20181027153228726.jpg

006_20181027153227a3f.jpg

りんごのスライスされたのがたくさん入っています。あんまり冷たくないのは、りんごの風味が伝わるようにでしょうか?

丸ごと焼きりんご 800円
010_20181027153231525.jpg

009_2018102715323086f.jpg

この日のりんごは青森の「つがる」とのこと。
りんごりんごしていて、とーっても美味しかったです

と、機嫌よく食べていたのですが、気づくと小さな黒い羽虫がお皿の周りを飛び始め
窓が開いていたので外から入って来てしまったのでしょうか。羽虫を手で払いながら食べるという慌ただしい食べ方になり。
そんな努力の甲斐もなく、お皿の溶けたアイスとソースの海で溺れる羽虫まで出てきてしまい

潔癖症ではないので、羽虫をすくって除けて食べ続けましたけど…。のんびりするはずが大忙しのカフェタイムとなりました。

焼きりんごはとっても美味しかったので、行くなら冬がいいかもしれません。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

ベトナムで買って来たお土産いろいろ

しつこくベトナムネタです。

今回の旅で行き当たりばったりで買って来たお土産です

392.jpg

蓮の実のクッキーに胡麻、アーモンドのクッキー。お土産物屋さんではたくさん試食をさせてもらえるのですが、どれもとても美味しかったです。もっとたくさん買えば良かったと帰ってから思いました。

394.jpg

インスタントのフォーやライム塩コショウ、蓮茶。スーパーマーケットに行けなかったので、お土産物屋さんと空港で買いました。次回はスーパーでインスタント食品やスナック菓子を買いたいなぁと思っています。

393.jpg

この真ん中がホイアンのランタン祭りに繰り出す時に、パスポートを入れて首から下げ、汗でびっしょりになったポーチです。したがって、自分土産になりました

395.jpg

高級ジャコウネココーヒーを自分と家族土産に。100gで6,000円ほどしました。でも天然ものということで(天然じゃないものがあるのかどうかは知りません…)、試飲したコーヒーが美味しかったので、これは家族にも飲ませようと思い、奮発しました
気持ち悪がられましたけど ミルを持っていないので、粉になったものを買いました。味は、お砂糖を入れていないのに、甘味を感じる不思議な美味しさです。カフェインが強そうなので少しの量を味わって飲んでいます。

396_20181024202146a92.jpg

そしてバッチャン村で買った小皿。お菓子入れにしています。
ふだん自分土産には食べ物を買うことが多いのですが、この小皿を見ると、「もの」も良い思い出になっていいなぁと改めて思っています。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

無事に関空到着!

2018年9月26日 5日目-1

深夜0時30発の飛行機です。なので5日目。飛行機ははじめて定刻通りでした。帰りは約4時間10分のフライトです。

385.jpg

3列-3列-3列の配列でスクリーンもありました。

386.jpg

結構空いていてわたしは真ん中の3列の通路側でしたが隣は空席だったのでゆっくりできました。

387.jpg

ちょうどみんなが熟睡している頃に朝食スタートです。

388.jpg

389.jpg

391.jpg

関空に朝6時40分に到着しました。
ツアー仲間のおひとりは午後から仕事に行くとのことでした。わたしはもちろん休みです。

楽しかった3泊5日のベトナム旅行。はじめて参加した「ひとり参加限定ツアー」もとても良かったです。
移動が大変な場所に行く時には積極的に利用しようと思いました。

それと参考になるかどうかわかりませんが、ひとり参加ではない普通のツアーでも必ず「ひとり参加」の人がいると、よくツアーにひとりで参加するという人が言っていました。あるツアーでは参加者11名中、全員がひとり参加だったそうです
まあちょっと賭けみたいなとこはありますが…。あ、でも事前に問い合わせれば教えてもらえそうですね。他にもひとり参加の人がいるかどうか。

そんな感じでこれからどんどん旅の仕方の選択肢は広がって行きそうです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

ハノイで最後の観光

2018年9月25日 4日目-6

4時間のバス移動を終えて、ハノイに到着! もう夕方です。

ホーチミン廟
351.jpg

一柱寺
361.jpg

そして、ここからまたバスで約30分ほど移動して水上人形劇を鑑賞します。

この移動中、劇場近くまでバスが来たところでガイドさんが「このお店のチェーは美味しくて人気店です。でも集合場所から歩くと15分くらいでちょっと遠いです」とあるお店を指して言われました。
その後、人形劇を鑑賞する劇場前でバスを降りたのですが、開演まで50分あるとのこと。歩いて15分。往復30分なら、その美味しいチェーを食べられるのではと、わたしを含めた5名が猛然と「チェーの店」を目指しました

「食への欲求」力は凄まじくて、あんなにみんな怖くて渡れなかった、一見無秩序に見えるベトナムの道路を片手でバイクを制しながら渡る渡る
けれど、店名もわからず(聞かなかった)、通り名もわからず(バスが道なりに走っていたと思っていた)で30分彷徨って結局たどり着けませんでした…

美味しいチェーが食べられなかったのは残念でしたが、ベトナムに来てはじめて都市の雑踏を自由に歩き回り、道路をぐんぐん自分の力で渡れたのは、とてもいい思い出になりました。
これならまたひとりで行けるなと自信も付きました(それまでは本当に道路を渡るのが怖かったのです)。

ということで手ぶらで集合場所の劇場前に戻りました。

水上人形劇の劇場
371.jpg

369.jpg

約1時間の人形劇でした。とてもユーモラスな動きで面白かったです。

そしてベトナムで最後の晩ごはん。ベトナム風フレンチ。

374.jpg

376.jpg

サラダ
378.jpg

チーズが苦手なのでこのビジュアルは

魚料理
379.jpg

プリン
380.jpg

プリンはベトナムで食べたかったもののひとつでした。最後に食べられて嬉しかったです。

全てのスケジュールが終わり、これから空港に向かいます。

バスの内装
383.jpg

ちなみにこの3日間、こんな妖艶な色合いのバスに乗っていました。ベトナムの人が好む色遣いなのでしょうか。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

勝手に妄想、バッチャン村!

2018年9月25日 4日目-5

ハロン湾クルーズの後、ハノイへ向かう途中でバッチャン焼きで有名なバッチャン村に寄るのですが。
わたしはなぜか勝手に「バッチャン村」というところは土の道が広がる農村でその中に焼き釜があちこちに散らばり、その釜を散策しながら、ぶらぶらするのだと想像していました。

341.jpg

着いたところは。

343.jpg

向かいの通りは。

344.jpg

土埃が舞うような田舎の村とはちょっと趣が違っていました。

342.jpg

「バッチャン焼き」という言葉はなんとなく聞いて知っていましたが、本当の(?)バッチャン焼きというのは一子相伝とは違いますが、けれど血縁関係の間だけのみに伝えられているとのこと。10代の半ばごろからお手伝いを始めて、経験を積むそうです。

なんだかだんだん感動して買っちゃいました。

396.jpg

わたしが買ったのは小物入れとかに出来そうなお皿。日本円で1,800円。
ここでのお買い物は、最終日ということもあってか、結構みんな盛り上がり、ベトナムにしては高額にもかかわらず売れてました

いよいよ旅の最終目的地、ハノイに向けてバスは走ります。

346.jpg

347.jpg

348.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

クルーズ船でシーフードランチを堪能

2018年9月25日 4日目-4

お待ちかねのランチです。

326.jpg

二つのテーブルに白いテーブルクロスがかけられました。

332.jpg

突然、魚売りのおじさんが船に乗り込んできました

328.jpg

わたしと反対側からやって来たのですが、そちら側にいる人に聞いたら、小舟がぐんぐん近付いて来るなーと思って見てたら、飛びついて乗り込んできたそうです。すごいですねー。

しゃこ、はまぐり、蟹がたらいに入っていました。わたしたち一行はしゃことはまぐりをお買い上げ。買った品物は船で調理してもらえます。

333.jpg

これはくずれていますが食べかけじゃないですよ。蟹の身を揚げたものだと思うのですが、船のスタッフがそれぞれの皿に取り分けて載せてくれたところです。

335.jpg

334.jpg

336.jpg

食事が始まるとみんな食事に夢中になり。その後は次々にお土産の販売が始まり。ちなみに手芸品やアクセサリーなど結構売れていました。
その間、船外の景色への意識がおろそかになってしまい、そのことが少し悔やまれています。もっと景色を楽しめば良かったなー。

337.jpg

約3時間半のハロン湾クルーズはあっという間に終了。港に戻って来ました。

338.jpg

バッチャン村に寄り、最終地ハノイまでまたまた4時間のバス移動です。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

暑い! ティエン・クン鍾乳洞でバテバテに

2018年9月25日 4日目-3

ティエン・クン鍾乳洞があるダウゴー島で一度下船。約20分、鍾乳洞を散策する間に、船は鍾乳洞の出口側の港に移動してしまうとのことで、下船すると後は進むしかなくなります。

まず80段の階段を上り、その後、上ったり下りたり350段の階段があるとのことで、おひとりだけ添乗員さんと船に残ることにされました。他の9名はガイドさんと一緒に鍾乳洞に。

291_2018101415524062f.jpg

294_20181014155243b87.jpg

乗客を降ろした船は向きを変えて次々と出口側の港へ移動して行きます。

293_2018101415524269a.jpg

階段は人人人 とにかく暑い

297_2018101415524410e.jpg

鍾乳洞はとても美しいのですが…、鍾乳洞に入ってもひんやり感はなくむちゃくちゃ暑い 汗ダクダク そして大渋滞…。
わたし、文句多いですね…

301_201810141552468ca.jpg

鍾乳洞そのものはとても素晴らしかったのです。ホントに。

309_20181014155247be5.jpg

乗船する船着き場が見えてきました。

ふたたび船に乗り込み、クルーズ再スタート。冷たい缶ビールを注文する人多々

313_20181014155249b2d.jpg

ハロン湾では今も船上で生活している人たちがわずかですが残っているそうです。

ディンフォン島
319.jpg

右側の下に穴が空いている島は200,000ベトナムドンに描かれている島です。写真撮影スポットです。

ラブ・アイランド
324.jpg

二つの島が向かい合っているようとのこと。

間もなくランチタイムです



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR