FC2ブログ

買い物をした後はランチも天王寺で食べて帰ることに。

『外灘紅緑灯(ワイタンホンリュウドン)』
012_20190714170049265.jpg

本館ははじめて行きました。町屋改装タイプのお店かと思っていたのですが、どちらかというと普通のウチです。
でもここは点心がとっても美味しいので。
お店は入口で靴を脱ぐタイプ。靴箱がないので、本当に普通のウチに親戚が集合したかのように玄関に靴が散らばっていました

お粥ランチ 1,000円
007_20190714170045ee1.jpg

お粥とサラダ、ザーサイ、マンゴープリン

008_20190714170046df3.jpg

お粥のトッピングは4種類(シラス、高菜、ピータン、鮭)から選べます。わたしはピータンを選びました。

011_201907141700485cb.jpg

そして、韮饅頭

韮饅頭むちゃくちゃ美味しいです。でも白ごはん(あるいはビール)が欲しくなる味なんですよねー。お粥も美味しいのですけどねー。このカリカリの韮饅頭もっと食べたかったです


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


ふたたび天王寺の『YARD』に行ってきました。
お店のインスタグラムにアップされていたブルーベリータルトがとんでもなく美味しそうだったので、ちょうど天王寺に用事があった土曜日、開店すぐの時間に行ったのですが…。

ブルーベリータルトがケーキのケースに並んでいない
「今日はブルーベリータルトありますか?」(わたし)
「焼き上がりが30分後くらいになるんです」(お店の方)

迷いましたが、結局この日は前回行った時に「次、食べよう」と思っていたブルーベリーマフィンをいただくことにしました。

ブルーベリーマフィン 486円
004_2019071416381090f.jpg

ブルーベリーたっぶりでサクサクとした触感に優しい甘味がとても美味しかったです

コーヒー(エチオピア) 561円
005_201907141638113b5.jpg

エチオピアという種類のドリップコーヒーをいただきました。コーヒー感が薄くて、ほうじ茶のような感じでした。

10時半頃に、お店の若い女性スタッフ(←むちゃくちゃ可愛い)がブルーベリータルトが焼きあがったことを知らせてくださいました。一瞬テイクアウトをしようかとも思ったのですが、この後、買い物の予定があったので、次に来た時のお楽しみにすることに。
タルトを食べたければ10時半過ぎに行った方が確実のようです

1時間ほどのんびり過ごして、この日の目的だったお買い物に。
実はしばらく前に知った「Bell&Sofa やさしい靴工房」というお店の靴が見たかったのですが、店舗が大阪にはなく…。京都の店舗に行ってみようとお店のサイトで住所と時間を調べていたところ、天王寺の近鉄百貨店で1週間ほどの催事があるとのお知らせが。

017_20190714164645caf.jpg

019_20190714164646ae2.jpg

とっても軽くて柔らかい生地にびっくり。防水には防水スプレーを使わずとも、普通にお肌に使うワセリンを塗れば良いとのこと。
あれもこれも欲しくなってしまったのですが、オールマイティーな感じのものを一足だけ購入しました。
もっとたくさんの種類(レインシューズやベルトがついた靴など)のものを見てみたくなりました。今度はやっぱり実店舗に行ってみようと思います


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


久しぶりにジョン・グリシャムを読みました。

001_20190710194550255.jpg

職場の上司に貸していただいた本です。
購入したご本人がまだ読んでいないということで、大急ぎかつ汚さないよう細心の注意をはらって読みました

ひとつの事件を追及するのかなと思って読み始めたら、主人公セバスチャン・ラッド弁護士の生き様が主のストーリーでした。
最初から犯人と決め付けられている人物の弁護を次々こなしていくセバスチャン。常に危険と隣り合わせ。読者のわたしもクタクタです。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


昨日、天神橋筋六丁目に用事で出かけていました。
用事が終わったのが、お昼の12時。駅に向かって歩いている途中で、「ハーブカフェ」の案内を見つけました。ランチの写真が美味しそうだったので、案内の表示通りに歩いて行くと、こじんまりとしたお店が待っていました。

ドアを開けるとまさかの一番乗り(というか、結局わたしがいる間はわたしだけでした…。貸切~)。
ランチはサンドイッチ4種類とスコーンのセットがありました。他にも焼き菓子など。ハーブティーの種類はたくさんありました。

サラダスコーンランチプレート 980円
002_20190707153923adb.jpg

003_201907071539251b9.jpg

スコーン2種類にハーブサラダ、ピクルス、クロテッドクリーム、メスキートクリーム蜂蜜が付いています。
ハーブサラダにはパクチーも入っていて、暑い中、食欲をそそります。メスキートクリーム蜂蜜というのははじめていただきました。クリーミーで甘味が強くて、すごく美味しいものなのですね

004_2019070715392670e.jpg

日替わりの2種類のスコーンは左が薔薇と紅茶のスコーン、右がカモミールのスコーンでした。
熱々のスコーンを半分に切ると良い香りが漂って、思わず香りを吸いこんでしまいました。

005_20190707153928046.jpg

セットの選べるドリンクはハーブティーではなく「しそジュース」にしました。
夏になるとしそジュースが飲みたくなります。思っていたような赤い色ではなくて黄色でした。
むかし、一度だけ自分でも作ってみたことがあるのですが、最後にクエン酸を入れるとさっと鮮やかな赤になるはずが、なぜか濁った赤になりショックを受けたのでした

ハーブやスコーンランチに魅かれた理由は…。

005_20190707153929406.jpg

この定期的に読んでいる「お茶と探偵」シリーズの影響です
舞台のティーショップで毎日提供される美味しいスコーンやサンドイッチ。

はじめて入った「SORA」のスコーンはとても美味しかったです。今度はサンドイッチを食べたいな。
それにしても、あんなに美味しくて可愛いお店だったのに、土曜日のお昼でお客さんがいなかったのはなぜ??
あの辺りは美味しいお店や人気のお店が沢山あるエリアだからでしょうか?
また行きたいけれど、「ひとりっきり」は落ち着かないのです…


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


天王寺で行きたかったお店『YARD Coffee & Craft Chocolate』でコーヒーとケーキをいただきました。
上本町のとっても美味しいケーキ屋さん『なかたに亭』が運営しているカフェとのことで期待が大大です

004_201907052033333a8.jpg

四天王寺寄りでしょうか。天王寺駅からは10分くらい歩いたような。

カウンター席もあります。
007_20190705203338aa4.jpg

席を取った後、入口で注文するシステムです。ケーキとコーヒーは運んで来て下さいました。

ドリップコーヒー(ケニヤ)520円 ガトーバスク 520円 (税込 1,123円)
006_201907052033360a3.jpg

005_20190705203335feb.jpg

ガトーバスクは周りはサクサクしていて、間にふんわりとチョコレートが挟まっていました
コーヒーもケーキもむちゃくちゃ美味しかったです。
今、気になっているのは、この日迷った末に選ばなかったブルーべリーマフィン。ブルーベリーたっぷりでとても美味しそうな姿をしていました。次に行った時には、絶対食べよう

008_20190705203339384.jpg

別の席からはこんな景色が。
美味しいコーヒーと丁寧に作られたことがわかるケーキ、そして窓からの緑と可愛いお花にすっかり心癒された休日でした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


先週末、天王寺方面に出かけた時のランチです。
天王寺公園「てんしば」エリアにあるお店『青いナポリ』に行ってきました。

2階席に通されました。こんな景色。
002_20190705201453873.jpg

オープンな雰囲気を大事にしているのかな、ちょっとこの日は店内も暑かったです
暑がりなのでなかなか汗が引かなくて。でも、オープンテラス席も結構埋まっていました。

パスタランチ 1,050円を注文。

人参の冷たいポタージュとフォカッチャ。
001_20190705201452db0.jpg

しらすと枝豆の冷製パスタ。
003_201907052014syて5438a.jpg

入店前は完全にステーキランチの気分だったのですが、「冷製パスタ」の文字を見た途端、気分はこちらに。
冷製パスタは大好きなのに、自分で作るとパスタがなかなかいい感じにならないのです。

味は普通に美味しかったです。

余談ですが、わたしはフォカッチャって味的には好きなのですが、手がベタベタになるのが嫌で…。フォカッチャを出すお店だったら、おてふきを2枚くらい用意してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


瀬尾まいこさんの『傑作はまだ』を読みました。

009_201907022123276c2.jpg

「笑って泣いて」がぴったりの小説です。外で読むとちょっと恥ずかしいことになるかも。

主人公は加賀野正吉(かがの まさきち)50歳、印税で暮らせるのだからすごい作家。
その主人公のもとに、これまで写真と養育費だけで繋がっていた息子が突然訪れるところからストーリーが始まります。

この主人公、むちゃくちゃ笑えます。
「生きるとはなんぞや」的な重苦しい小説を書いているようなのですが、世間と全く関わりを持たずに生きているので、実生活はすべて自己完結なのです。そこに、平均レベル以上に世間知に長けた息子が現れることで、もうドタバタ喜劇。

誰かと近づけば、傷つくことも傷つけてしまうこともある。自分のペースどおりに進めないし、何気ない相手のふるまいに不安に駆られることもある。自分がどう思われているのかが気にかかり、それと同時に誰も俺なんか見ていないんだと自意識の強さに恥ずかしくなる。自分の価値がどれくらいなのか無意味なことばかりうかがっては、優越感や劣等感に襲われる。

ラストはけれど、瀬尾まいこさんならではの心温まる流れです。
なぜ息子は突然、父のもとにやって来たのか?
その答えは、人って素敵だなって心から思えます。

そして、25年間、会ってはいなかったけれど、実はずっと主人公を守り続けていた美月さん(息子の母親)にハートを鷲掴みにされました
ちょっとファンタジーかな。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


若竹七海さんの『殺人鬼がもう一人』を読みました。

002_2019063015032768d.jpg

若竹七海さんといえば、わたしが持っていたイメージは軽いユーモアミステリを書く人。
ところがところが、この『殺人鬼がもう一人』はわたしの持っていたイメージが根底から覆されたという。超が付くブラックブラックミステリ小説でした。
筆致は軽くて読みやすいので、ラストに近づいて初めて「そういうこと!?」と驚愕します。

「法」は必ずしも「正義」とはなりません。その理不尽さを正すとすると、「法」から外れた行動を取らざるを得なくなります。
この小説はブラックだけれど、後味は悪くはないです。爽快な気分にもなりませんが。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村