fc2ブログ

『雨の日は、一回休み』坂井希久子

昭和世代の「おじさん」たちの苦難を描いた連作短編集。
「ウチにもいるいる、こんなおじさん」というおじさんたちが登場します(おばさんに言われたくないですよね)。

女性よりも男性の方が時代の変化に対する感受性が弱い人が多いのかなぁという気はします。
家族を養ってりゃいいんだろ!という時代とは違って、それこそ多様性が求められる今日この頃。
急激な社会の変化には、おばさんだって戸惑います

特に「ハラスメント」問題
もう今や、何がハラスメントなのか、わたしにも意味不明。「ハラスメント」と言ったもん勝ちになっているような。ハラスメントハラスメントか?

この小説に登場するおじさんたちは、それでも開き直らずに、悩んで悩んで、頑張るところがとてもいじらしい。
わたしの周囲で見かける古い価値観そのままのおじさんたちも、実は悩みながら、頑張っているのかな?
もうちょっと温かい気持ちで見守ってみようかなと、ちょっとだけ思いました。


今日はとっても良いお天気です。
久しぶりに遠出してきます


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

西国巡礼 第六番 壺阪山 南法華寺(壺阪寺)

『白光』朝井まかて

comment iconコメント ( 4 )

温かい気持ちになれるなら予約してみようかな。ハラスメントハラスメントってピッタリな表現ですね。受けて側によってなので難しい問題ですよね。ややこしくなったもんだではすまされない時代になりました(-_-;)

久々に晴れた週末ですね。お出かけの記事、楽しみにしていまーす♪

名前: わこ [Edit] 2021-09-25 06:41

坂井季久子さん、まだ読んだことはないのですが別の小説(妻の終活)を『読みたいリスト』に入れてました~。
でも月さんのレビューで、こちらも読んでみたくなってすぐにリストに入れました(*^^*)
最近はなんでも『ハラスメント』扱いになる世の中ですね。
ほんの些細なことでも訴えられるんじゃないかとビクビクしているおじさん&おばさん(わたし)。
わたしなんて内心「そんな小さなことでいちいち問題視するなよ!」って思ってますもん(^▽^;)
実際我が社では入社数年目の人が騒いだため、60歳間近のお偉いさんが半年ほど島流しになったり・・・
同年代の管理職の男性には「奴らはモンスターだから言動には気を付けようぜ」と言われたり・・・
ほんと、言ったもん勝ち(^▽^;)

月さん、今日はお出かけされたんですね~!
楽しんできましたか?
記事がアップされるのをワクワクしながら待ってますね♪

名前: kario [Edit] 2021-09-25 21:30

Re: タイトルなし

わこさん;

「ちょとだけ」温かい気持ちになりますよ(o^^o)
読み始めは、「うげっ! 勘違いおじさん」の話だ、と思いましたが(^^;)

最近は、うっかりしたこと言えなくて、不自由を感じます。
「相手の気持ちになって」と言われても、その相手がこちらから見たら、大概ひどかったりもしますしね~。
あ、ハラスメントしちゃったかな!?

昨日は暑いくらいで、ぐったりしてしまいました…(>_<)
すっかり運動不足です。
おでかけ記事、楽しみと言っていただいて嬉しいです♪

名前: [Edit] 2021-09-26 06:20

Re: タイトルなし

karioさん;

ハラスメントっていう言葉が怖いです~。
それハラスメントだよって言われたら、もう終わりみたいな(^^;)
前にも書いたかも?…ですが、ハラスメント講習というのを受けた時の例で、相談をされて「わたしもそういうことあったよ。気にしない方がいいよ」などと答えたら、それはハラスメントだそうで。
相手の気持ちに寄り添っていないからだと。

「そんな小さいこと…」わたしも同感です!
昔は大らかで良かった(←すっかり老人の繰り言)(^^;)

おでかけ記事、待ってて下さって、ありがとうございます!
運動不足がたたって、今朝になっても足の疲れが取れていません…。

名前: [Edit] 2021-09-26 06:38

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)