fc2ブログ

『いえ』小野寺史宜

今自分で言ったとおり。おれはいやなやつだ。人の好き嫌いも、たぶん多い。それはもう認めるしかない。この先もそんなには変わらないだろう。ただ、嫌いな人がいやな目に遭えばいいとは思わない。幸い、そう思うようにはできてない。それだけが救いだ。

主人公は三上傑(すぐる)25歳。3歳下の妹、若緒が車の事故で怪我をし、左足をひきずるようになってしまいます。運転していたのは、傑の親友で若緒の彼氏だった城山大河。助手席に乗っていた若緒だけが怪我…。

若緒の後遺症をきっかけに、両親の関係もぎくしゃくし始め、傑自身も自分の感情をどうして良いのかわからなくなってしまいます。
足をひきずって歩く若緒に対しても、どう接したら良いのか悩む傑。親友だった大河に対してもわだかまりが残ってしまい。

これまでごく普通だと思っていた日々の暮らしの中に、突然これまでと違う事態が起こった時。人はそれをどうやって受け入れ、理解していくのか、ということを傑を通して、体験しました。

小野寺史宜さんの荒川三部作になるのでしょうか。
『ひと』『まち』に続く第3弾とのこと。

『ひと』の田之倉コロッケに、『まち』の江藤君も登場します!
あー、江藤君、久しぶりー、今も走ってるんやー、と声をかけてしまいそう

小説が終わっても、今もまちのどこかで、きちんと生きてるんだなぁという感じが好き。


ところで、冒頭の引用。
わたし、思っちゃうんです。嫌いな人が嫌な目に遭えばいいのにって。
誰でもそうなのかと思ってました。わたしって最低だな
新入社員の頃、すごい怖い先輩がいて(今、思えばわたしが悪い…)、あー、階段で転けて、足捻挫して、3日くらい休んでくれないかなーって、真剣に思ってました。

今の職場でも幹部の前でだけ態度が変わる人なんかは、どこかでバレてギャフンという目にあえばいいのにと思ったりー。
まあ、あんまり負のパワーは持たない方が良いので、そういう感情はなるべく手放そう


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

虫嫌いでも安心なグリーンの楽しみ♪

2022年3月に観たドラマ

comment iconコメント ( 4 )

嫌いな人がいやな目に遭えばいいとは思わない、ようにはしてる。
だってそうなっちゃったの見ると、あボクのせいだって思って気分が悪くなるから。
でも、いなくなってくれとはやっぱり思うなー。
みんな、栄転してボクの前から消えてくださいって😁
今はもう無縁。

名前: にゃんた [Edit] 2022-04-10 16:52

こちらの小説、月さんのほうが借りるの早かったですね~。
でもそのほうがわたしとしては嬉しいです。
だって月さんのレビューを読んでから小説を手にすると、その物語の中にすぅ~っと入って行けるから・・・
月さんの感想は、本の内容に続きご自分の生活(実生活で感じたこと)にリンクさせて書いてくださるのですごく興味深いんです!
あ、わたしも同じ~とか思っちゃうこともあったり( *´艸`)

そして今回も「わたしも同じ~」と思ったのは、会社の中の苦手な人に対して
「●●ハラで訴えられればいいのに~」とか、内心思ってるトコ(笑)
いやいや、これ本気で念じて祈祷してるとかじゃないですよ。
そうやってちょっと面白おかしくブラックな感情を出してみたりするだけ。
月さんもそうですよね??( *´艸`)

名前: kario [Edit] 2022-04-11 00:05

Re: タイトルなし

にゃんたさん;

わたしも「思わないようにする」ことはするのですが、その理由がやっぱりサイテーかも(^^;)
そんなよくないことを思って、自分に(!)、バチが当たったら嫌だから、思わないようにしよう…っていう。
いなくなってくれる理由が「栄転」だったら、内心ちょっと面白くなかったりしそうだし。
あらためて考えると、わたしこそが嫌なヤツでした!

名前: [Edit] 2022-04-11 20:50

Re: タイトルなし

karioさん;

えー、ホントですか!
そんな風に言ってもらえて、とってもとっても嬉しいです(o^^o)
本を読んでる途中に、ふと、全然関係ないこと思い出したりすることがあって。
そんなようなこと、書いたりしてます。

あー、わたしもその手のことを考えたりもします!
仕事しながら、勝手に妄想膨らませて、溜飲下げてたり(^^;)
あ、もちろん、わたしもわら人形にすがったりはしてないです~。

全然話変わりますが、大阪の万博公園にある国立民族学博物館には、大量のわら人形が展示されてるんです!
異様な雰囲気ですが、見入ってしまいます。

名前: [Edit] 2022-04-11 21:03

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)