FC2ブログ

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香

『殺人出産』や『消滅世界』で、すごい小説だけど、やっぱりちょっと私にはきついなぁー、村田沙耶香さんはもう無理かも…、と思っていたのですが、図書館で以前に予約していて届いてしまったのが、この作品です。

002_20170225134158db8.jpg

どうしよー、今回は読まずに返却しようかなと思ったのですが、そんなことしなくて良かったです
『しろいろの街の、その骨の体温の』は、わたしにとってなくてはならないと言っても過言ではないほどの、大切な本になりました。
わたしは図書館常用者ですが(小説家の皆様、本当にごめんなさい。でも、沢山の本を読みたいんです)、その中で何度も繰り返し読みたくなる本は手元に置きます。

新興住宅地に暮らす一人の少女のお話です。自意識が強く、自分を制御できず、自分の心を見失ってしまう主人公が、自分だけの自分を取り戻すお話。小学生から中学三年生を迎えるまでが描かれています。

わたし自身、「自分がホントにやりたいことはなんなのか?」「ホントに好きなことはなんなのか?」って、いい大人になった今でも時々考えます。世間の価値観にとらわれているんじゃないかと不安です。

学校や社会で生きにくさを感じている人、いじめに合っている人、いじめを行っている人、そんな自分を見失ってしまって不安な人たちに是非読んで欲しいと思います。この本はそんな人たちを温かくつつんでくれます。生きる勇気が湧いてきます。

「村田沙耶香」はすごい人です



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR