『御松茸騒動』朝井まかて

『御松茸騒動(おまったけそうどう)』


主人公は19歳の榊原小四郎。江戸藩邸に勤める尾張藩の藩士。子供の頃から利発と言われ続け、周囲の大人たちを怠け者と批判的に見ています。上司、同僚のずるに巻き込まれないように付き合いも避けるのですが…。
とても素直な良い子なのですが、いわゆる「くそ生意気なガキ」なのです。大丈夫かな、この子と思っていたら、やはり、突然「御松茸同心」として左遷されてしまいました。江戸で育った小四郎はいやいや尾張へ行くのですが…。

おせっかいで懐の深い大人たちに温かく見守られ、小四郎は本人も自分の変化に気づかないうちに、真っ直ぐなところは残したまま、とてもいい大人に成長して行きます。ラスト近くの小四郎の驚くべき行動は涙なしでは読めません。

とっても良い小説でした。一気読みです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
QRコード
QR