FC2ブログ

西国巡礼 第二十一番 菩提山 穴太寺

次は亀岡の穴太寺へ向かいます。

向日町から京都駅まで行って、嵯峨野線で亀岡駅へ。外国人観光客で電車が満員。びっくりしました。アナウンスも英語に中国語、韓国語と国際色豊か。トロッコ電車に乗るのかな?保津峡駅を過ぎた頃から人はだんだん減って来ました。

亀岡駅に到着して、お昼ごはんを食べようかなどうしようかなとバス停を見たら、「京都学園大学」行きのバスがちょうど停まっていました。穴太寺行きは1時間に1本、京都学園大学行きは1時間に3本ほど。ただし、こちらは穴太口というバス停で下車、約15分歩くとガイドブックにありました。

けれど「バス」はなんだか逃してはいけない気分になってしまいます。なので、走って飛び乗りました。10分ほどで穴太口に到着。下りたのはわたしだけでした。

052_20180415163843a9a.jpg

そして、こんな長閑な道をテクテクと。

053_2018041516384488c.jpg

15分くらい歩いて、お寺に到着。

057_201804151638450f7.jpg

058_20180415163847dc5.jpg

059_20180415163848c8c.jpg

060_20180415163850fb6.jpg

061_2018041516385146b.jpg

本堂にお参りをしてから、御朱印を。

062_2018041516385304c.jpg

本堂と庭園へは500円の拝観料が必要です。

063_20180415163854182.jpg

064_20180415163856831.jpg

065_2018041516385765d.jpg

この渡り廊下を歩いて、本堂へ向かいます。本堂は写真撮影禁止。
こちらの本堂には有名な横になっている仏さま「釈迦如来大涅槃像」がいらっしゃいます。お布団をそっとめくって、自分の気になっているところをなでると病が良くなると言われているとか。気になるところいくつか、撫でてきたのですが。
今、パンフレットをきちんと読んだところ、撫でた後、自分の身体をさすり返すとお釈迦さまのご利益があるそうです。撫でただけで満足していました。いつもながら詰めが甘い 時間はたっぷりあったのだから、ちゃんとパンフレットを読みながら、拝観すれば良かった…。

本堂の次は庭園へ。

066_20180415163859440.jpg

067_20180415163900cc4.jpg

美しいお庭でした。お抹茶とお茶菓子でもあれば良かったなぁ。

074-1.jpg

そして、バス停へ。今度は穴太寺前から乗車。

074-2.jpg

075_201804151639053bc.jpg

バス停があるところは駐車場。桜が美しく咲いていました。
もう、お腹ペコペコ。早く、お昼ごはんを食べないと、倒れそうです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:青春18きっぷ - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR