FC2ブログ

『プーシキン美術館展』(国立国際美術館)

マハさんの本に影響を受けたことと、連日の暑さを避けるため、このお盆休みに美術館に出かけてみました。

024_20180817055838600.jpg

「竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観デザイン(美術館のHPより)」だそうです。
021_20180817055833a19.jpg

国立国際美術館はこの入り口だけが地上で、館そのものは地下にあります。なのでエレベーターでぐんぐん下りて行きます。

022_20180817055836884.jpg

チケットを買うのに10分ほどかかりました。クレジットカードが使えるので便利です。

023_201808170558360d3.jpg

チケット売り場の横には写真撮影用セットが配置されていました。

金曜と土曜の夜間は展示絵画の写真撮影OKということです。わたしは他の人が写真を撮っていると、なんだか絵を見辛いかなと思って普通の時間に行きましたが。
もっとのんびり観られるかなと思っていたのですが、思っていたより混んでいました。

今回は「作家がこの絵で伝えたかったことは何なのだろう」ということを考えながら鑑賞してみました。書かれた年代を確認して、この時代のパリで暮らす人たちはどういう生活を送っていたのだろうとか。

ちょうど時代ごとに展示されていたので、わかりやすかったです。

モスクワにある「プーシキン美術館」の写真もありましたが、とても素敵な美術館で。建物を見に行ってみたくなりました。

20代の頃、ある美術館で監視員のアルバイトをしていたことがあります。その時は、他の館も含めて、いろんな美術展の招待券をいただけたので、しょっちゅう美術館に出かけていました。大抵の展覧会は空いているので、美術館に出かけるとのんびりと非現実の世界に飛ぶことができ、その空間にいることがとても好きでした。美術のことはよくわからないのですが、広々として静かで独特な空間。

やっぱり美術館・博物館はいいなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
QRコード
QR