FC2ブログ

ハノイで最後の観光

2018年9月25日 4日目-6

4時間のバス移動を終えて、ハノイに到着! もう夕方です。

ホーチミン廟
351.jpg

一柱寺
361.jpg

そして、ここからまたバスで約30分ほど移動して水上人形劇を鑑賞します。

この移動中、劇場近くまでバスが来たところでガイドさんが「このお店のチェーは美味しくて人気店です。でも集合場所から歩くと15分くらいでちょっと遠いです」とあるお店を指して言われました。
その後、人形劇を鑑賞する劇場前でバスを降りたのですが、開演まで50分あるとのこと。歩いて15分。往復30分なら、その美味しいチェーを食べられるのではと、わたしを含めた5名が猛然と「チェーの店」を目指しました

「食への欲求」力は凄まじくて、あんなにみんな怖くて渡れなかった、一見無秩序に見えるベトナムの道路を片手でバイクを制しながら渡る渡る
けれど、店名もわからず(聞かなかった)、通り名もわからず(バスが道なりに走っていたと思っていた)で30分彷徨って結局たどり着けませんでした…

美味しいチェーが食べられなかったのは残念でしたが、ベトナムに来てはじめて都市の雑踏を自由に歩き回り、道路をぐんぐん自分の力で渡れたのは、とてもいい思い出になりました。
これならまたひとりで行けるなと自信も付きました(それまでは本当に道路を渡るのが怖かったのです)。

ということで手ぶらで集合場所の劇場前に戻りました。

水上人形劇の劇場
371.jpg

369.jpg

約1時間の人形劇でした。とてもユーモラスな動きで面白かったです。

そしてベトナムで最後の晩ごはん。ベトナム風フレンチ。

374.jpg

376.jpg

サラダ
378.jpg

チーズが苦手なのでこのビジュアルは

魚料理
379.jpg

プリン
380.jpg

プリンはベトナムで食べたかったもののひとつでした。最後に食べられて嬉しかったです。

全てのスケジュールが終わり、これから空港に向かいます。

バスの内装
383.jpg

ちなみにこの3日間、こんな妖艶な色合いのバスに乗っていました。ベトナムの人が好む色遣いなのでしょうか。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツアーだと決められた場所の範囲内での行動になりがちですが、チェーを求めてちょっとした冒険(笑)をされたんですね!
人気店ですって聞いてしまったからにはやっぱり行きたくなりますよね~。
今回たどり着けなかったのはちょっと残念でしたが、
次回のお楽しみということで♪

水上人形劇の劇場の建物、とても立派!驚きです!
そして人形劇というと子供の頃テレビで見たっきりなので、それだけで懐かしい気持ちになりました。
ハノイの人形劇は大人も十分楽しめそうですね(#^.^#)


バスの車内の色合い(;'∀')
なんだろう・・・妖しさが漂っていますね~。

No title

ベトナムの道路を横断するのはかなりハードだと聞いたことがあります。
みなさんが、果敢に渡る姿が目に浮かびます。

チェーは残念でしたが、後日集まる機会があったらこの話で盛り上がりそう(^-^)
いい思い出になりましたね♪

Re: No title

karioさん;

ほんと「冒険!」でした。どんなチェーだったんだろうと気にはなりますが、いい思い出にはなりました(^^)
次回は「食べ歩き」に特化した旅がしたいですー!

水上人形劇の建物は外も中もとても素敵でしたよ! 短くて単純で派手なストーリーの演目が続くので退屈せずに最後まで鑑賞することができました。でも一回でいいかな^^;

そしてバス! 独特の雰囲気ですよね。乗り込んだ瞬間「え?」って(*_*;
添乗員さんが「キャバレーやん!」って叫んでました(^^)

Re: No title

びーなんさん;

ベトナムの道路事情、有名なんですね! ホントに怖かったです。
よく「はじめての一人旅に最適な街」としてホーチミンが上がっていますが、わたしは到着するなり「うそやん!」って思いました。その言葉を信じてひとりで行ってたら、きっとホテルから出られなかったかも^^;
もう大丈夫ですけどね(^^) 多分…。

チェーを求めて歩き回った出来事は、ホントにいい思い出になりました。「後日集まる機会」があればホントに盛り上がりそうです。何人か連絡先を交換した方もいるのですが、案外みんな最後はあっさりと別れて行ったので「集まる機会」あるのかなーという感じです^^;
プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラフィフ会社員です。
「のんびりゆったり楽しく暮らす」生活に憧れています。今はまだ修行の日々です。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
QRコード
QR