FC2ブログ

原田マハさんはわたしが大好きな作家のひとりなのですが、これは小説ではなく旅エッセーです。

058_20190413160625a25.jpg

マハさんと言えば「元気印」と言う言葉がぴったりの元気いっぱい動き回っているイメージそのものの人。
講演会のようなのに行ったことがあるのですが、その時も一の質問に十答えるというサービス精神も旺盛で、とてもとてもエネルギッシュな人でした

そんなマハさんの旅は、マハさんそのものと言いましょうか。
「フーテン」とはいえ、その中には様々にテーマがあったりもするようです。
ご当地グルメや文豪が泊まった宿、美術館。
なんと座敷童にも会ったことがあるマハさん すご過ぎます。

中でも学生時代からの友人、御八屋千鈴(おはちやちりん・あだ名)との二人旅「ぼよぐる(ぼよよんグルメ旅:ゆっくりぼよよ~んとする旅)」は、まさにわたし世代の女性にぴったりの旅

観光スポットを走り回る旅ではなく、日ごろ忙しい日々を過ごしている友人同士、のんびりと自分たちの興味の赴く先を観光し、美味しいものを食べる旅。

057_20190413160626125.jpg

こちらは主に「食」中心。

ナポリでナポリタン、天津で天津丼を食べたいと思うマハさん
さて、食べることができるのでしょうか。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村

関連記事

本とドラマに大忙しです!

春の彦根は大賑わいでした!

comment iconコメント ( 2 )

No title

原田マハさんは、「ジヴェルニーの食卓」しか読んだことがないのですが、
面白かったので他のも読んでみたいと思った作家さんです。
「フーテンのマハ」は軽く読めて良さそうですね。
早速図書館に予約しました^^v

名前: びーなん [Edit] 2019-04-17 20:18

Re: No title

びーなんさん;

わたしもまだ全部は読んでいないのですが、アートと小説という分野を確立されましたよね。
どの芸術家も愛情たっぷりに描かれているので、その方たちの作品にもとても興味が湧いてきます(^^)

アート系以外にも『生きるぼくら』や『旅屋おかえり』などなど、感動で涙が溢れましたよー。
(はっきり言うと、号泣でした!)
こちらもおすすめです(^^♪

名前: [Edit] 2019-04-18 20:52

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)