FC2ブログ

職場の上司に貸していただきました。

059_201904201612376b2.jpg

新人にしていきなりベストセラー作家になったマーカス・ゴールドマン。
2作目が書けなくてにっちもさっちも行かなくなり、大学の恩師で友人かつ大作家のハリー・クバートに助けを求めます。
なかなか状況を打開できない中、ある事件が起こり…。

ストーリーは現在と30年前の出来事が交互に描かれて進みます。
真相かと思うと、また新たな真相と、二転三転。読者は翻弄され続けます。

ミステリーであり、若者の成長物語であり、そして愛の物語でもありました。
人生は「0か100か」だけではなく、「1」ずつの積み重ねで出来上がるということ。
当然のことなのですが、改めて「満足感」についてマーカスとともに学びました。


↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


関連記事

西国巡礼 番外 花山院 菩提寺

函館のお土産「一夜干しいか塩辛」

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)