FC2ブログ

『セイロン・ティーは港町の事件』ローラ・チャイルズ

またまたお茶と探偵シリーズを読みました。

IMG_0201.jpg

ティーショップが舞台なので、数多くの種類のお茶が登場します。もちろん日本の緑茶などもよく出てきますし、主要な登場人物のひとり、ドレイトンはお茶をこよなく愛しているのみならず盆栽の名人ということで、わりとこれまでも日本の文化にも詳しいのかなというシーンはあったのですが…。

今回は「ハイク・ギャラリー」というお店が出てきます。
日本の美術品や骨董品、着物などという名詞だけでなく、織部焼や丹波焼などの固有名詞が出て来てちょっとびっくり。さらには、会話の中に「あれは濱田庄司の作品では?」などなど。
外国人の人でここまで知ってるの?と驚いたのですが、アメリカでは有名なのかな?

今回もチャールストンの歴史地区の魅力満載の内容でした
いつか行ってみたいなぁ。

わたしにしては珍しく、今週は夜に北新地で食事会がありました。
(会社が京橋に引っ越してからは、食事会、飲み会はたいてい京橋です。京橋引きこもり生活ともいえます。)

せっかくなので、淀屋橋経由で。
IMG_0198.jpg

IMG_0200.jpg

大阪市役所横の通りは美しくライトアップされていました(あんまりきれいにとれなかったけど)。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このシリーズの本を読んで(まだ1冊ですが^^;)
私もチャールストンに行きたくなりました。
ちょっと調べると、本のイメージ通りの街並みがあって
歩くだけでも楽しそうでした。

それにしても、急に寒くなったと思ったら
もうライトアップの季節なんですね~




Re: No title

びーなんさん;

あ(^^) びーなんさんも読まれているんですね!
本格ミステリとは違いますが、ライフスタイルが素敵ですよね♡
セオドシアやドレイトンの暮らしぶりにすっかり憧れています(*^^*)
わたしも読み始めた時に「どんなところなんだろ~」とネットで検索しました。
ホント、イメージ通りですよねぇ。
こんなところで生活しているのね~と心底羨ましくなりました。

そうそうライトアップの季節なんですよ~!
もうそろそろ年末気分です。1年早いですね^^;
プロフィール

月

Author:月
関西在住のアラカン会社員です。
旅行は主に公共交通機関で。普段は読書やドラマ鑑賞で旅気分に浸っています♪

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR