FC2ブログ

村上龍さんの『オールド・テロリスト』 を読みました。
村上龍さんの小説は、いつもその時代の問題をものすごく独自な設定で表現されますが、この本も素晴らしかったです。
こんな描き方があるんだーと、作家の村上龍さん自身にも感動します、いつも。
突拍子もないようでいて、なんか現実にありうるかも、というリアルさ。怖さ。でも、残酷なことをしていても、なぜか憎めなくなる登場人物。
本当に毎回、読み応えがあります!



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
関連記事

『小さな巣をつくるように暮らすこと』岩崎朋子

NHK「おとなの基礎英語」

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)