FC2ブログ

中島京子さんの『夢見る帝国図書館』を読みました。

IMG_0402.jpg

喜和ちゃんが可愛かったです。
いきなり、なんのこっちゃ?ですね。

主人公であるライターの「わたし」は、上野の国際子ども図書館の取材をした帰り、休憩していた上野公園のベンチで喜和子さんと出会います。
そして、図書館が主人公の小説を書くように言われるのです。

そこから、喜和子さんを取り巻く様々な人と出会ったり、上野の図書館の歴史が出てきたりと、めまぐるしく色んなエピソードが語られます。
戦後から現代へ。

図書館好きの人には、興味深く読める小説だと思います。

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


関連記事

ドラマ『バルタザール 法医学者捜査ファイル』

『森のらくだ』(大阪市中央区)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)