FC2ブログ

ハヤカワポケットミステリー、久しぶりです。

IMG_05600.jpg

また、殺人があった。今度はロサンジェルスで、場所はパシフィック・パリセーズにある崖の下の砂地だった。私の夫は二人とも死んでしまった。この歳で結婚を二回し、その二回とも未亡人になってしまうなんて、あまりにも若すぎる。

全編、「官能」と「不穏」な空気に包まれていました。
若く美貌の異父兄妹、ヴィッキーと兄のジョニー。その周囲では関わりのある人が次々に事故死して行きます。
携帯電話が出てくるので、現代かと気付くのですが、それがなければ、ずいぶん過去の話のような雰囲気。

「著者あとがき」で納得。

現代にその舞台を置いてはいるが、この小説はジョン・ウェブスターが著した古い同名の戯曲(一六一二年)に題材の多くを依拠している。この戯曲はまた、ローマで実際に起きた悪名高い二重殺人事件をもとに書かれたもので、その犯人として疑われたのが若い女とその兄だった。

ヴィッキーの視点で書かれているので、ヴィッキーが読者を騙しているのでなければ、彼女はちょっと馬鹿なだけで純粋なのでしょう。ですが、タイトルは『白い悪魔』です。あえて「白」とした理由は

「実際にあった事件」がモチーフというのも、恐ろしさに拍車がかかります

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


関連記事

ドラマ『NCIS シーズン17』

『ヴァイオリン職人と消えた北欧楽器』ポール・アダム

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)